高度な概念

XenDesktop 7のデータベースサイズ設定ツール

現在、XenDesktop 7のデータベースのサイジングは、データベースのサイジングに関するサポート技術情報の記事CTX139508を解釈して理解できることに依存しています。リストされた環境にバリエーションがあることがわかっている場合、これは役に立ちません。この支援のために、当社の主要なソフトウェアエンジニアであるChris Gilbertは、カスタムサイズ情報の生成に役立つシンプルなツールを作成しました。

ツールが選ばれる理由

多くの人は、データベースのサイズを決定するためにExcelファイルまたは簡単な数式を求めていますが、これらの方法は複雑さと関係する要因のレベルに基づいて最適ではありません。

このツールは、計算の複雑さを隠し、XenDesktop 7.5と7.6の違いを考慮します。それが消費して表示するデータはむしろ生ですが、改善のためのフィードバックは歓迎されます。

ダウンロード情報

このツールは圧縮されたMSIファイルであるため、インストールとアンインストールは簡単です。このツールが持つ唯一の依存関係は、.NET 4.0のみです。XenDesktop の一部は必要ありません。

CTX209080からツールをダウンロードします。

ツールの使い方

ツールを起動すると、ウィンドウの上部にセクションが表示され、予想される環境に関するパラメーターを入力できます。既定のセットは、さまざまなサイズの VDI と HSD で、次のスクリーンショットのようになります。

データベースサイジングツールからのスプレッドシート出力

いずれかの行を更新するか、空白の一番下の行に数字を入力し始めると、より多くの行が追加されます。

その後、データベースの種類とXenDesktop のバージョンを選択して [計算] をクリックすると、計算が実行され、上のスクリーンショットの下部に表示されるサイズ設定ガイダンスが生成されます。

生成されたデータには、上部のセクションに入力された各行の行が含まれます。列には、さまざまな時点でのおおよそのサイズが表示されます。サイトデータベースの場合、データは蓄積されないため、サイズが最大サイズに達してそこに留まる傾向があります。監視の場合、監視用に構成されたグルーミング設定に応じて、データベースは時間の経過とともに大きくなります。これはライセンスにも依存することに注意してください(たとえば、プラチナのお客様だけがグルーミング間隔を 7 日以上に設定することができます)。

したがって、監視のために、データは次のようになります。

監視, データベースサイジングツールからのデータ

テーブルの詳細

実際にスペースを消費しているテーブルの詳細については、「テーブルによるサイジング」タブをクリックしてください。このタブには、各計算用のタブがあります。

データベースサイジングツールテーブルの詳細

このより詳細なビューでは、どのテーブルが大きくなるかを示すため、監視グルーミングを調整して特定の領域を小さくすることができます。ブレークダウンは、ベースラインサイズ(固定サイズなど)をカバーします。一般に、ユーザーまたはマシンに基づくテーブルは毎日増加し(履歴負荷分散情報)、稼働日(接続とセッション)にのみ増加します。これらは、週単位の成長列 (7 日間の週で 5 営業日を想定しています) にロールされ、次に月単位の列にロールされます。

データを Excel にエクスポートする

テーブルを Excel にエクスポートするには、テーブル内をクリックし、すべてのコンテンツを選択してコピーし、Excel に貼り付けます。

この記事は、Chris Gilbert によって書かれたブログ記事から変更されました。元の投稿を見つけたり、コメントを読んだり、フィードバックを投稿したりすることができます: https://www.citrix.com/blogs/2014/11/20/database-sizing-tool-for-xendesktop-7/

XenDesktop 7のデータベースサイズ設定ツール