高度な概念

Citrix ADCプール容量検証済みリファレンス設計

Citrix ADCプール容量は、Citrix Application Delivery Management(ADM)でホストされ、提供される帯域幅プールと仮想インスタンスプールで構成されるライセンスフレームワークです。この共通プールから、データセンター内の各Citrix ADCは、1つの仮想インスタンスライセンスをチェックアウトし、必要な帯域幅のみをチェックアウトします。これは、プラットフォームやフォームファクタに関係なく実行されます(MPX-Z は例外で、帯域幅ライセンスのみをチェックアウトします)。ライセンスファイルと帯域幅はCitrix ADCにバインドされません。Citrix ADCがこれらのリソースを必要としなくなった場合は、それらを共通プールにチェックインし、リソースを必要とする他のADCからリソースを利用できるようにします。

このライセンスフレームワークは、ADCが過剰な未使用の帯域幅を割り当てないようにすることで、帯域幅の使用率を最大化します。Citrix ADCでは、ライセンスと帯域幅を共通プールでチェックできるため、ユーザーと管理者はインスタンスのProvisioning を自動化できます。ユーザーと管理者は、トラフィックに影響を与えることなく、実行時にインスタンスに割り当てられた帯域幅を増減できます。さらに、プール内のCitrix ADCライセンスは、あるインスタンスから別のインスタンスに転送できます。これらのライセンスは、すべてのフォームファクタ(MPX、SDX、VPX、CPX)で共有できます。

コンポーネント

プールされた容量は、基盤となるハードウェアからソフトウェアを切り離します。この方法では、既存のプラットフォームから新しいプラットフォームに移行可能なライセンスモデルを使用できます。プールされた容量は、次の4つのコンポーネントで構成されます。

  1. 帯域幅なし、インスタンスなし、機能を持たないゼロキャパシティのハードウェア。
  2. ソフトウェアエディション(標準、アドバンスト、プレミアム)による帯域幅のプールで、MPX、SDX、VPX、CPXを含むすべてのCitrix ADCフォームファクタで共有できます。
  3. インスタンスプール。SDX、スタンドアロンVPX、CPXで実行されるVPXなど、ソフトウェア/仮想Citrix ADCフォームファクタ間で共有されるインスタンスのプールです。
  4. Citrix ADM。帯域幅とインスタンスライセンスの管理に使用されます。Citrix ADMのこの機能は、お客様に無償で提供されます。

プールされた容量のコンポーネントについては、この記事の後半で詳しく説明します。

永久ライセンス

永久ライセンスとは、期限切れにならないライセンスです。永久ライセンスでは、ユーザーは1回限りの料金を支払い、ライセンスを永遠に使用する権利があります。考慮すべき事項を次に示します。

  • 定期的な保守サポートコストなど、永続ライセンスには制限があることがよくあります。
  • ライセンスは特定のハードウェアプラットフォームにバインドされており、通常は移動できません。
  • テクノロジーが変更されると、ライセンスは時代遅れになる可能性があります。
  • 特定の機能は、帯域幅などのエディション固有の永続ライセンスエンタイトルメントで有効になります。Citrix ADCの場合、これらのエディション固有のライセンスは、スタンダード、アドバンスト、プレミアムのエディションです。

これとは対照的に、プールされたキャパシティライセンスは特定のハードウェアプラットフォームにバインドされず、既存のプラットフォームから新しいプラットフォームに移行できます。

容量のメリットをプールする

ユースケース1:クラウドへの移行

プールされた容量は、既存のインフラストラクチャへの投資保護を提供することにより、ハイブリッドクラウドの導入を促進します。お客様は、容量の一部をオンプレミス展開からクラウドに移行することを選択できるため、クラウドベースのCitrix ADCアプライアンスのコストを削減できます。

使用例 2: ハードウェアの更新サイクル

従来の展開でCitrix ADCを展開したことのあるお客様は、環境を更新するときにすべてを購入する必要があります。プールされたCitrix ADCライセンスの場合、更新サイクルでは、ソフトウェアが保持されている間にハードウェアを更新するだけで済みます。ハードウェアを更新すると、ソフトウェアライセンスをレガシーアプライアンスから新しいハードウェア/ソフトウェアアプライアンスに簡単に転送できます。これにより、更新サイクルのコストが大幅に削減され、お客様は従来の 5 年間隔よりも早く更新サイクルを確認できるようになります。

ユースケース3:DevOpsの展開(VPX/CPX)

容量ゼロのアプライアンスに投資したお客様は、CPXアプライアンスを購入し、容量の一部をマイクロサービス環境に移動できます。また、新しいアーキテクチャをサポートするための追加容量を購入することもできます。全体として、オンプレミスまたはハードウェアベースのアーキテクチャから、マイクロサービスまたはソフトウェアベースのアーキテクチャへのコスト効率に優れた移行です。

プールされた容量の仕組み

説明

プールされた容量は、基盤となるハードウェアからソフトウェアを切り離すライセンスフレームワークです。このアプローチにより、既存のプラットフォームから新しいプラットフォームに移行可能なライセンスモデルが可能になり、ADCに要件を超える帯域幅が割り当てられないようにすることで、帯域幅の使用率が最大化されます。Citrix ADCでライセンスと帯域幅を共通プールでチェックする機能により、ユーザーはインスタンスのProvisioning を自動化できます。

ユーザーは、トラフィックに影響を与えることなく、実行時にCitrix ADCに割り当てられた帯域幅を増減できます。また、プール内のCitrix ADCライセンスを1つのCitrix ADCから別のCitrix ADCに転送することもできます。

ライセンスフロー

お客様は、Citrix ADCプール容量ライセンスを購入し、My Account ログインページからダウンロードします。

その後、これらのライセンスはCitrix ADMにインポートされます。

image-license-pools-01

ゼロキャパシティハードウェア

Citrix ADC プール容量を使用して管理する場合、SDXインスタンスは「ゼロキャパシティハードウェア」と呼ばれます。これらのインスタンスは、帯域幅とインスタンスプールからリソースをチェックアウトするまで機能しないためです。その結果、これらのプラットフォームはSDX-Zアプライアンスと呼ばれます。

同様に、MPXアプライアンスは、帯域幅プールからリソースをチェックアウトするまで機能しなくなるため、Citrix ADC プール容量を使用して管理する場合、「ゼロ容量ハードウェア」とも呼ばれます。その結果、これらのプラットフォームは MPX-Z アプライアンスと呼ばれます。

容量がゼロのハードウェアアプライアンスには、共通プールから帯域幅やインスタンスライセンスをチェックアウトするためのプラットフォームライセンスが必要です。まず、ハードウェアシリアル番号またはライセンスアクセスコードを使用して、プラットフォームライセンスを手動でインストールする必要があります。

現在、Citrix ADCソフトウェアリリース11.1以降を実行している次のゼロキャパシティプラットフォームでは、Citrix ADCプールされたキャパシティーを新規購入およびアップグレードでサポートしています。

  • MPX-14000Z

  • MPX-14000Z-40G

  • MPX-15000Z

  • MPX-15000Z-50G

  • MPX-25000Z-40G

  • MPX-26000Z

  • MPX-26000Z-100G

  • SDX-14000Z

  • SDX-14000Z-40G

  • SDX-15000Z-50G

  • SDX-25000Z-40G

  • SDX-26000Z-100G

現在、Citrix ADCソフトウェアリリース12.0以降(MPX)および11.1以降(SDX)を実行する以下のゼロキャパシティプラットフォームは、新規購入およびアップグレード用にCitrix ADCプール容量をサポートします。

  • MPX-14000Z-40S

  • MPX-14000Z-40C

  • マイルドポテト

  • MPX-25000ZA

  • MPX-26000Z-50S

  • SDX-14000Z-40S

  • SDX-14000Z-40C

  • SDX

  • SDX-25000ZA

現在、Citrix ADCソフトウェアリリース12.0以降を実行している次のゼロキャパシティプラットフォームでは、Citrix ADCプールされたキャパシティーを新規購入およびアップグレードでサポートしています。

  • MPX-8900Z

  • SDX-8900Z

現在、Citrix ADCソフトウェアリリース12.0以降(MPX)および11.1以降(SDX)を実行している次のゼロキャパシティプラットフォームでは、アップグレードのみでCitrix ADCプール容量がサポートされています。

  • MPX-115xx (11515 - 11542)

  • MPX-89xx/80xx

  • MPX-22xxx

  • MPX-24xxx

  • SDX-115xx (11515 - 11542)

  • SDX-89xx/80xx

  • SDX-22xxx

  • SDX-24xxx

現在、Citrix ADCソフトウェアリリース11.1以降を実行している次のゼロキャパシティプラットフォームでは、新規購入時にのみCitrix ADCプール容量がサポートされています。

  • VPX

  • CPX

スタンドアロンCitrix ADC VPXインスタンス

以下のハイパーバイザーでCitrix ADCソフトウェアリリース11.1以降を実行しているCitrix ADC VPXインスタンスは、プールされた容量をサポートします。

  • VMware ESX 6.0

  • Citrix XenServer

  • Linux KVM

以下のハイパーバイザおよびクラウドプラットフォームでCitrix ADCソフトウェアリリース12.0以降を実行しているCitrix ADC VPXインスタンスは、プールされた容量をサポートします。

  • Microsoft Hyper-V

  • Amazon AWS

  • Microsoft Azure

注:

Citrix ADM と Microsoft Azure または AWS の間の通信を有効にするには、IPSEC トンネルを構成する必要があります。詳しくは、「クラウドに展開されたNetScaler VPXインスタンスのNetScaler MASへの追加」を参照してください。

スタンドアロンの Citrix ADC CPX インスタンス

Docker ホストに展開されたCitrix ADC CPXインスタンスは、プールされた容量をサポートします。容量ゼロのハードウェアとは異なり、CPXではプラットフォームライセンスは必要ありません。CPXでは、トラフィック処理のためにプールからインスタンスライセンスをチェックアウトする必要があります。

帯域幅プール

帯域幅プールは、Citrix ADCが共有できる合計帯域幅です(物理と仮想の両方)。帯域幅プールは、ソフトウェアエディション(スタンダード、アドバンス、プレミアム)ごとに個別のプールで構成されます。特定のCitrix ADCでは、異なるプールからの帯域幅を同時にチェックアウトすることはできません。Citrix ADCが帯域幅をチェックアウトできる帯域幅プールは、ライセンスされているソフトウェアのエディションによって異なります。プールからチェックアウトすると、ライセンスは CPU や PE、SSL コア、1 秒あたりのパケット数、帯域幅などのリソースのロックを解除します。

インスタンスプール

インスタンスプールは、Citrix ADCプール容量で管理できるVPXインスタンスまたはCPXインスタンスの数、またはSDX-Z内のVPXインスタンスの数を定義します。

注:

SDX-Zの管理サービスでインスタンスが消費されることはありません。

Citrix ADM

Citrix ADCプール容量は、Citrix ADMを使用して、プール容量ライセンス(帯域幅プールライセンスおよびインスタンスプールライセンス)を管理します。ユーザーは、Citrix ADMを使用して、ADMライセンスなしでプールされた容量ライセンスを管理できます。

帯域幅またはインスタンスプールからライセンスをチェックアウトする場合、容量がゼロのハードウェアプラットフォーム上のCitrix ADCフォームファクタとハードウェアモデル番号によって、以下が決定されます。

  • Citrix ADCが機能する前にチェックアウトする必要のある最小帯域幅とインスタンス数。

  • Citrix ADCがチェックアウトできる最大帯域幅とインスタンス数。

  • 帯域幅チェックアウトごとの最小帯域幅単位。最小帯域幅単位は、Citrix ADCがプールからチェックアウトする必要がある帯域幅の最小単位です。チェックアウトは、最小帯域幅単位の整数倍で行う必要があります。たとえば、Citrix ADC 最小帯域幅ユニットが1 Gbpsの場合、100 Gbpsはチェックアウトできますが、200 Mbpsまたは150.5 Gbpsはチェックアウトできません。最小帯域幅単位は、最小帯域幅要件とは別のものです。Citrix ADCは、少なくとも最小帯域幅でライセンス供与された後にのみ動作します。最小帯域幅が満たされると、インスタンスは最小帯域幅ユニットで追加の帯域幅をチェックアウトできます。

次の表は、サポートされているすべてのCitrix ADCプラットフォームの最大帯域幅/インスタンス、最小帯域幅/インスタンス、最小帯域幅単位をまとめたものです。

最小システム要件:MPX および SDX

製品ライン 最大帯域幅(Gbps) 最小帯域幅(Gbps) 最小インスタンス 最大インスタンス 最小帯域幅ユニット
MPX 8005Z 30 5 - - 1Gbps
MPX 8900Z 33 5 - - 1Gbps
MPX 14000Zシリーズ 100 20 - - 1Gbps
MPX 14000Z 40Gシリーズ 100 20 - - 1Gbps
MPX 14000Z FIPSシリーズ 100 20 - - 1Gbps
MPX 14000Z 40Sシリーズ 100 20 - - 1Gbps
MPX 15000Zシリーズ 100 20 - - 1Gbps
MPX 15000Z 50Gシリーズ 100 20 - - 1Gbps
MPX 115XXシリーズ 42 15 - - 1Gbps
MPX 22XXXシリーズ 120 40 - - 1Gbps
MPX 24000Zシリーズ 150 100 - - 1Gbps
MPX 25000Z 40G 200 100 - - 1Gbps
MPX 25000ZA 200 100 - - 1Gbps
MPX 26000Zシリーズ 200 100 - - 1Gbps
MPX 26000Z 100Gシリーズ 200 100 - - 1Gbps
MPX 26000Z 50Sシリーズ 200 100 - - 1Gbps
SDX 8015Z 15 2 1 2 1Gbps
SDX 89XXシリーズ 33 10 2 7 1Gbps
SDX 115XXシリーズ 42 7 2 20 1Gbps
SDX 14000Zシリーズ 100 10 2 25 1Gbps
SDX 14000Z 40Gシリーズ 100 10 2 25 1Gbps
SDX 14000Z 40Sシリーズ 100 10 2 25 1Gbps
SDX 14000Z FIPSシリーズ 100 10 2 25 1Gbps
SDX 15000Z 50G 100 10 2 55 1Gbps
SDX 15000Z 100 10 2 55 1Gbps
SDX 22XXXシリーズ 120 20 20 80 1Gbps
SDX 25000Z 40G 200 50 20 115 1Gbps
SDX 25000ZA 200 50 20 115 1Gbps
SDX 26000Z 100G 200 50 10 115 1Gbps
SDX 26000Z 200 50 10 115 1Gbps
SDX 26000Z 50S 200 50 10 115 1Gbps
SDX 24000Zシリーズ 150 50 20 80 1Gbps

Citrix ADC ADC CPXモデルの場合

帯域幅/インスタンス帯域幅ユニット CPX
最大帯域幅(Gbps) 1
最小帯域幅(Gbps) -
最小インスタンス数 1
最大インスタンス数 -
最小帯域幅単位 -

ハイパーバイザおよびクラウドサービスでのCitrix ADC VPXの場合

帯域幅/インスタンス帯域幅ユニット Citrix XenServer VMware ESXi Linux KVM Microsoft Hyper-v AWS AZURE
最大帯域幅(Gbps) 40 Gbps 100 Gbps 100 Gbps 3Gbps 5Gbps 3Gbps
最小帯域幅(Gbps) 10Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps
最小インスタンス数 1 1 1 1 1 1
最大インスタンス数 1 1 1 1 1 1
最小帯域幅単位 10Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps 10Mbps

さまざまなフォームファクタのライセンス要件

ライセンス要件 MPX SDX VPX CPX
ゼロキャパシティハードウェアの購入    
帯域幅およびエディションのサブスクリプション  
インスタンスのサブスクリプション  

サポートされるプラットフォーム、サポートされる最小帯域幅/インスタンス、サポートされる最大帯域幅/インスタンス、サポートされるプラットフォームの最小帯域幅単位について詳しくは、「MPX/CPX/VPXの帯域幅とインスタンス情報」を参照してください。

Citrix ADC プール容量の設定

プールされた容量により、次のことが可能になります。

  • ライセンスプール内のライセンスを、必要に応じてCitrix ADCに割り当てます。
  • プールされたキャパシティライセンスファイル(帯域幅プールまたはインスタンスプール)を ADM にアップロードします。
  • インスタンスの最小容量と最大容量に従って、Citrix ADMからライセンスを割り当てます。

Citrix Application Delivery Management(ADM)

ユーザーは、Citrix ADMをCitrix ADCプール容量のライセンスサーバーとして構成できます。Citrix ADCインスタンスで帯域幅またはインスタンスのライセンスを取得するには、2つの方法があります。

  • 最初のライセンスチェックアウト要求は、Citrix ADC(SDX/MPX/VPX)から開始して、帯域幅および/またはインスタンスライセンスを取得する必要があります。
  • ユーザーは、後でCitrix ADCまたはCitrix ADMからライセンスのチェックアウトを開始できます。

注:

プールされた容量は、Citrix ADMにプールされたライセンスが追加された場合にのみCitrix ADMに表示されます。

Citrix ADMライセンスプールのステータス

  • 割り当て済み: ライセンスの状態は正常です。

  • 猶予: Citrix ADCインスタンスのライセンス猶予期間は30日間です。

  • 同期中: Citrix ADMは、Citrix ADCから2分間隔で情報を取得します。

  • 同期中: Citrix ADMとCitrix ADCの間でライセンスを同期するには、15分ほどかかる場合があります。Citrix ADMが再起動したか、ADM HASフェイルオーバーがトリガーされた可能性があります。

  • 部分的に割り当て: Citrix ADCは、最大割り当てで実行されている可能性があるため、割り当てられた容量を受け入れることができません。たとえば、Citrix ADCは10 Gbpsのライセンスプール容量で実行されています。ADC が再起動すると、10 Gbps が ADM ライセンスサーバーにチェックインされます。Citrix ADCがオンラインに戻ると、以前に割り当てられた10 Gbpsを自動的にチェックアウトしようとします。一方、他のADCがその帯域幅をチェックアウトしている可能性があります。このADCに完全な10 Gbpsまたは部分的な容量を割り当てるのに十分な容量がライセンスプールにない場合、「部分割り当て」 と表示されます。

  • 管理対象外: Citrix ADCは、管理しやすいようにADMに追加されません。これはCitrix ADCライセンスには影響しませんが、ADMからのライセンス監視に影響する可能性があります。

  • 接続が失われました: 管理性のため、ADMからCitrix ADCにアクセスできません。たとえば、ネットワーク接続の問題、NITRO が機能しない、またはCitrix ADC パスワードの不一致があります。NITRO が機能しない場合、またはCitrix ADC パスワードが一致しない場合、Citrix ADCのライセンスには影響しません。ただし、ADM からのライセンス監視に影響を与える可能性があります。

  • 割り当て済み:ADCに適用されない: ライセンスがチェックアウトされているかADCからチェックインされているが、Citrix ADCがまだ再起動していない場合、Citrix ADCの再起動が必要になることがあります。

  • 割り当てられていない: ライセンスはADCインスタンスに割り当てられません。

Citrix ADMライセンスプール:一般的な問題

  • ADCは、ライセンスサーバーを「 到達不能」と表示します。

    • ライセンスサーバー (ADM または ADM サービスエージェント) への接続が 15 分以上切断されました。

    • ADCは猶予モードです。

  • ADCは、ライセンスサーバーのステータスを 「到達可能 」と表示しますが、ユーザーが割り当てを変更しようとしても効果はありません。

    • ライセンスサーバーへの接続が最近停止しましたが、ADCはまだ2番目のハートビートを見逃していません。したがって、それは(まだ)猶予期間ではありません。

    • 「割り当ての変更」を押すと 0 0 が返されます。これにより、構成済みの容量が失われているように見える場合があります。

  • ADCは容量/インスタンス数を表示しますが、ライセンスサーバーが 「到達可能/到達不能」になっています。

    • ライセンスサーバーへの接続が復元されましたが、ADCが2番目のハートビートを逃したり、再接続プローブを送信したりします。

    • [割り当ての変更] を押すと、数値が返されますが、構成された容量は考慮されません。

  • ADM サービスでプール ライセンスを構成すると、ADCに「ライセンスサーバーに接続できません」というメッセージが表示されます。

    • ファイアウォールルールを確認してください:27000と7279。

    • エージェントが登録されていないか、ADM Service にライセンスファイルがアップロードされていない (または間違ったファイルがある)。

ユースケース:Citrix ADMライセンスプールの使用状況レポート

Citrix ADMライセンスプールの使用状況レポートでは、お客様がライセンス使用量の増加を計画し、次回のライセンスプール購入を計画するための月次ピークを特定します。

  • ポーリング:

    • ライセンスデータは、15分ごとにADCからポーリングされます。
  • 1 時間あたりのピークのみを維持する:

    • 1 時間以内の最大ライセンス使用要件は、デバイスごとに保存されます。
  • レポート作成:

    • 指定された時間範囲におけるデバイスごとの使用状況を示す、生成される GUI レポート。
  • エクスポート:

    • 指定した時間範囲の測光データを CSV または XLS としてエクスポートする機能。
  • パージ:

    • パージジョブは、毎月1日の午前 12:10 に実行されます。

    • パージ期間は構成可能です(デフォルト期間は 2 か月です)。

Citrix Application Delivery Management(ADM)にライセンスファイルをインストールするには

  1. Webブラウザーで、Citrix ADMのIPアドレスを入力します。たとえば、http://192.168.100.1のようになります。

  2. [ユーザー名とパスワード] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [構成] タブで、[ネットワーク] > [ライセンス] > [設定] に移動し、[新しいライセンスの追加] をクリックします。

  4. [ライセンスファイル] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • ローカルコンピュータからのライセンスファイルのアップロード-ユーザーのローカルコンピュータにライセンスファイルがすでに存在する場合、ユーザーはCitrix ADMにアップロードできます。ライセンスファイルを追加するには、[参照] をクリックしてライセンスファイル (.lic) を選択します。完了したら [完了] をクリックします。

      注:

      アップロードされたライセンスファイルによってCitrix ADC Pooledキャパシティにライセンスが追加されない場合は、ライセンスファイルを選択し、[ Apply Licenses ]をクリックしてライセンスをプールに追加できます。

    • ライセンスアクセスコードの使用-お客様が購入したライセンスのライセンスアクセスコード(LAC)をCitrix からメールで送信します。ライセンスファイルを追加するには、テキストボックスに LAC を入力し、[Get Licenses] をクリックします。

      注:

      ユーザーは、[ライセンス設定]からいつでもCitrix ADMにライセンスを追加できます。

Citrix ADMからCitrix ADCプール容量ライセンスを割り当てるには

前提条件: ユーザーがCitrix ADMを使用してインスタンスプールライセンスを管理できるようにするには、Citrix ADCインスタンスをCitrix ADMに登録する必要があります。Citrix ADC GUIで、[ システム]>[ライセンス]>[ライセンスの管理 ]の順に選択し、 Citrix ADM IPを追加するときに[管理機能のためにCitrix ADMに登録 する]チェックボックスをオンにします。

注:

Citrix ADMにCitrix ADCインスタンスを登録していない場合は、Citrix ADMからライセンスをチェックアウトできます。ただし、Citrix ADMからCitrix ADCプール容量が有効なインスタンスに割り当てることはできません。

ユーザー名]フィールドと[パスワード ]フィールドに、Citrix ADMの資格情報を入力します。

Citrix ADC(SDX/MPX/VPX)のパスワードがデフォルトではない場合、このオプションは機能しません。

インスタンスがライセンスサーバーに登録されたら、次のようにライセンスを割り当てます

  1. Webブラウザーで、Citrix ADMのIPアドレスを入力します。たとえば、http://192.168.100.1のようになります。

  2. [ユーザー名とパスワード] フィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [構成] タブで、[ネットワーク] > [ライセンス] > [プールされた容量] に移動します。

  4. 管理するライセンスプールをクリックします。

  5. > ]ボタンをクリックして、使用可能なインスタンスのリストからCitrix ADCインスタンスを選択します。

  6. ユーザーがライセンス割り当てを変更または解放する場合は、[割り当て の変更] または [割り当てのリリース] をクリックします。

  7. ユーザーが「 割り当ての変更」をクリックすると、ポップアップウィンドウが開き、ライセンスサーバーで使用可能なライセンスが表示されます。

  8. Allocate ]ドロップダウンオプションを設定することで、Citrix ADCインスタンスの帯域幅またはインスタンスの割り当てを選択できます。必要な選択を行ったら、「 割当て」をクリックします。

  9. ユーザーは、[ライセンス割り当て の変更] ウィンドウのドロップダウンオプションから、割り当てられたライセンス エディションを変更することもできます。

ライセンスプール高可用性(HA)を備えたCitrix ADM

以前は、ライセンスプールライセンスはノードロックされ、ADM プライマリノードのホスト ID に関連付けられていました。セカンダリノードへのフェイルオーバーが発生するたびに、Citrix ADCは30日間の猶予期間に入り、ADMの到達不能イベントによる中断を回避します。これにより、Citrix ADMにアクセスできなくても、Citrix ADCを30日間実行することができました。ただし、新しいCitrix ADCインスタンスにアクセスできない場合、ADMライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトすることはできません。つまり、30日間の猶予期間中に新しいライセンスチェックアウトが行われませんでした。プライマリノードが復帰せず、30日が経過した場合、このライセンスを動作させるには、Citrix ライセンスシステムからライセンスファイルのレプリカを生成する必要がありました。つまり、新しいライセンスファイルが生成されていました。

解決策

License Pool HAソリューションでは、プライマリノードが復帰しない場合、ADMをセカンダリノードにフェイルオーバーして新しいライセンスファイルを生成する必要はありません。新しいライセンスチェックアウトは、フェイルオーバー後も引き続き機能します。ライセンスプールのライセンスとADMライセンスが、Citrix ADMのプライマリノードとセカンダリノード間で共有される仮想ホストIDに関連付けられるようになりました。

仮想ホスト ID

Citrix ADMプライマリノードとセカンダリノードの両方が同じ仮想ホストIDを共有します。プライマリノードまたはHA展開の最初のCitrix ADMサーバーの実際のホストIDが仮想ホストIDとして使用されます。仮想ホスト ID は ADM 展開で自動生成され、ADM データベースに暗号化された形式で格納され、お客様は変更できません。仮想ホスト ID は、実際のホスト ID よりも優先されます。ライセンスファイルは、ADM プライマリノードからセカンダリノードに同期されます。Citrix ADCは、ADMフローティングIPアドレスを使用してライセンスをチェックアウトします。プライマリノードからセカンダリノードへのフェイルオーバー時に、ライセンスファイルと仮想ホスト ID が、フローティング IP アドレスとともにプライマリノードからセカンダリノードに同期されます。

HA のブレーク動作

お客様が ADM の HA のブレークアクションを開始した場合、両方の ADM ノードは仮想ホスト ID を保持し、HA のブレークワークフローを開始します。ノード 1 とノード 2 はどちらもライセンスのチェックアウトを続行できます。既存のCitrix ADCは、フローティングIPアドレスがADMから削除されるため、30日間の猶予期間に入ります。

スプリットブレイン

Citrix ADMは、定期的にハートビートを送信することで、ADM HAノードの可用性を監視します。ネットワークの問題によりハートビートが他のノードに到達しない場合、両方の ADM ノードは自身を ADM プライマリとしてプロモートします。このシナリオでは、ライセンスサーバーは両方のノードで実行されています。Citrix ADCは、ADMサーバーノードIPを使用して両方のノードからライセンスをチェックアウトできます。これは、両方が同じ仮想ホストIDを共有するためです。ノード 1 とノード 2 は、ADM プライマリとしてプロモートされます。ライセンスサーバーは、同じ仮想ホスト ID を持つ両方のサーバーで実行されています。ライセンス容量は2倍になります。Citrix ADM スプリットブレイン関連のイベントと ADM HA 猶予期間に関連するイベントが生成されます。

スプリットブレインからの回復

Citrix ADMは、お客様の管理者がネットワークの問題を検出して修正した後、スプリットブレイン状態から回復できます。ADMスプリットブレインから回復するためのワークフローは以下の通りです。ネットワークが復元されると、Citrix ADMはADMノード1をADMプライマリとして自動的に検出します。Citrix ADM は、ADMノード2からHAへの参加ワークフローを開始します。Citrix ADMノード1の実ホストIDが仮想ホストIDとして選択されます。Citrix ADMは通常のHAシナリオに復元され、ライセンスファイルと仮想ホストIDはADMノード2に同期されます。

MPX-Zでのプールされた容量の構成

MPX-Zは、Citrix ADCプール容量を有効にしたCitrix ADC MPXアプライアンスです。MPX-Z は、Premium、Advanced、またはStandardエディションのライセンスの帯域幅プールをサポートします。MPX-Z は、ライセンスサーバーに接続する前に、そのプラットフォームライセンスが必要です。ユーザーは、ローカルコンピューターからライセンスファイルをアップロードするか、インスタンスのハードウェアシリアル番号を使用するか、Citrix ADC インスタンスのGUIの[システム]>[ライセンス]セクションからライセンスアクセスコードを使用して、MPX-Zプラットフォームライセンスを インストールできます。MPX-Z プラットフォームライセンスを削除すると、プールされたキャパシティ機能が無効になり、チェックアウトされたすべてのライセンスがライセンスサーバーにチェックインされます。

ユーザーは、再起動することなく、MPX-Z ADCの帯域幅を動的に変更できます。再起動は、ユーザーがライセンスエディションを変更する場合のみ必要です。

注:

Citrix ADCを再起動すると、構成済みの容量に必要なプールされたライセンスが自動的にチェックアウトされます。

VPXインスタンスでのプールされた容量の構成

プールされた容量が有効なCitrix ADC VPXインスタンスは、帯域幅プール(プレミアム/アドバンス/スタンダードエディション)からライセンスをチェックアウトできます。Citrix ADC GUIを使用して、ライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトできます。

ユーザーは、再起動せずにVPXインスタンスの帯域幅を動的に変更できます。再起動は、ユーザーがライセンスエディションを変更する場合のみ必要です。

注:

ユーザーがインスタンスを再起動すると、インスタンスは設定された容量に必要なプールされたライセンスを自動的にチェックアウトします。

MPX-ZまたはVPXインスタンスへのプールライセンスの割り当て

ライセンスを割り当てるには、次の手順に従います。

  1. Webブラウザーで、Citrix ADCインスタンスのIPアドレスを入力します。たとえば、http://192.168.100.1のようになります。

  2. [ユーザー名] および [パスワード] のフィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [構成] タブで、[システム] > [ライセンス] > [ライセンスの管理] に移動し、[新しいライセンスの追加] をクリックして、[プールライセンスの使用] を選択します。

  4. [サーバ ー名/IPアドレス] フィールドにライセンスサーバーの詳細を入力します。

  5. ユーザーがCitrix ADMを使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、[管理のためにCitrix ADMに登録する] チェックボックスをオンにして、Citrix ADMの資格情報を入力します。

  6. ライセンスエディションと必要な帯域幅を選択し、[Get Licenses] をクリックします。

  7. ユーザーは、[割り当ての変更] または [割り当ての解放] を選択して、ライセンスの割り当てを変更または解放できます。

  8. ユーザーが [割り当ての変更] をクリックすると、ポップアップウィンドウに、ライセンスサーバーで使用可能なライセンスが表示されます。

    注:

    ユーザーが帯域幅の割り当てを変更した場合は、再起動は必要ありませんが、ライセンスエディションを変更した場合は、ウォームリスタートが必要です。

  9. ユーザーは、[ Allocate ]ドロップダウンリストからCitrix ADCインスタンスに帯域幅またはインスタンスを割り当てることができます。次に、[ライセンスの取得] をクリックします。

  10. ユーザーは、ポップアップウィンドウのドロップダウンリストから、ライセンスエディションと必要な帯域幅を選択できます。

    注:

    帯域幅の割当量は、最小帯域幅単位の倍数にする必要があります。

SDX-Zでのプール容量の設定

SDX-Zインスタンスは、Citrix ADC SDXのプールされた容量が有効なインスタンスです。SDX-Z は、Premium エディション、Advanced エディション、Standard エディションの帯域幅プーリング、およびインスタンスプーリングをサポートします。ユーザーがSDX-Zプラットフォームライセンスを適用すると、管理サービスでは、ライセンスサーバーからのライセンスのチェックアウト、およびSDX-Zプラットフォーム上で実行されているCitrix ADCインスタンスに帯域幅容量を割り当てるオプションが提供されます。

注:

SDX-Z上で実行されているCitrix ADC VPXインスタンスは、ライセンスサーバーから直接ライセンスをチェックアウトしたり、ライセンスサーバーへチェックインしたりすることはできません。この操作は、SDXの管理サービスで行います。

ユーザーは、ローカルコンピュータからライセンスファイルをアップロードするか、インスタンスのハードウェアシリアル番号、またはライセンスアクセスコードを使用して、SDX-Z プラットフォームライセンスをインストールできます。

ユーザーがSDX-Zプラットフォームライセンスを削除すると、プールキャパシティ機能は無効化され、すべてのライセンスがライセンスサーバーにチェックインされます。

注:

ユーザーがインスタンスを再起動すると、インスタンスは設定された容量に必要なプールされたライセンスをチェックアウトします。

SDX上のプールされた容量

インスタンスプール

SDX アプライアンスは、SDX アプライアンスのインスタンスプールで使用可能なインスタンスと同じ数のインスタンスをプロビジョニングできます。

帯域幅プール

Citrix ADCインスタンスのProvisioning 中に、帯域幅がインスタンスに割り当てられます。ユーザーは、エディションと必要な帯域幅を選択して、仮想Citrix ADCインスタンスをプロビジョニングできます。管理サービスでは、指定したエディションで必要な分の帯域幅がインスタンスにある場合のみプロビジョニングが許可されます。帯域幅が不十分な場合は、ユーザーに通知されます。

注:

帯域幅の変更では、インスタンスを再起動する必要はありません。

SDX-Z インスタンスへのプールライセンスの割り当て

ライセンスを割り当てるには、次の手順に従います。

  1. Webブラウザーで、Citrix ADC SDX-ZインスタンスのIPアドレスを入力します。たとえば、http://192.168.100.1のようになります。

  2. [ユーザー名] および [パスワード] のフィールドに、管理者の資格情報を入力します。

  3. [構成] タブで、[システム] > [ライセンス] に移動し、[プールされた容量] に移動します。

  4. [サーバ ー名/IPアドレス] フィールドにライセンスサーバーの詳細を入力します。

  5. ユーザーがCitrix ADMを使用してインスタンスのプールライセンスを管理する場合は、[管理のためにCitrix ADMに登録する] チェックボックスをオンにして、Citrix ADMの資格情報を入力します。

  6. ユーザーは、[割り当ての変更] または [割り当ての解放] を選択して、ライセンスの割り当てを変更または解放できます。

    注:

    チェックアウトされたライセンスは、管理サービスによって別のプールに保存されます。

  7. SDX-Zインスタンスの特定のVPXインスタンスのライセンス割り当てを変更するには、[インスタンス] セクションからインスタンスを選択し、[割り当ての変更] をクリックします。新しいウィンドウに、使用可能なライセンスが表示されます。

  8. ユーザは、[Feature License] ドロップダウンリストからインスタンスの帯域幅エディションを変更し、[Throughput (mbps)] フィールドで必要な帯域幅を変更できます。完了したら [Done] をクリックします。

注:

帯域幅の割当量は、対応するフォームファクターの最小帯域幅単位の整数倍にする必要があります。

CPXインスタンスでのプールされた容量の構成

Citrix ADC CPXインスタンスのProvisioning 中に、Citrix ADC CPXインスタンスを構成して、Citrix ADCプールされたキャパシティを使用できます。ドッカーでは、ユーザーはCitrix ADCライセンスサーバー(Citrix ADM)の詳細を提供する必要があります。Citrix ADC CPXインスタンスは、インスタンスプールからライセンスをチェックアウトします。

注:

デフォルトでは、Citrix ADC CPXインスタンスはインスタンスプールからインスタンスライセンスをチェックアウトし、スループットは自動的に1,000Mbpsに設定されます。ユーザーは、インスタンスに割り当てられている 1,000 Mbps の帯域幅を変更できません。

ユーザーは、Docker アプリストアからCitrix ADC CPXをダウンロードできます。Docker ホストで、Citrix ADC CPXをダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

docker pull store/citrix/netscalercpx:[version number]

Citrix ADC CPXインスタンスのProvisioning 中にプールされた容量を構成するには:

Citrix ADC CPXインスタンスのProvisioning 中に、Citrix ADCライセンスサーバー(Citrix ADM)をドッカーホストの環境変数として定義し、次のコマンドを実行します。

docker run -dt -P -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> --name <container_name> --ulimit core=-1 -e EULA=yes -v <host_dir>:/cpx --cap-add=NET_ADMIN >REPOSITORY<:>TAG<

各項目の意味は次の通りです:

  • <LS_IPADDRESS>は、Citrix ADCライセンスサーバー(Citrix ADM)のIPアドレスです。

  • <LS_PORT>は、Citrix ADCライセンスサーバーのポートです。デフォルトのポートは27000です。

ベストプラクティス、コーナーケース、FAQ

SDXライセンスのアップグレード-永続的なプールへのアップグレード

SDX 上のライセンスを永久ライセンスからプールライセンスにアップグレードする場合、SDX を再起動する必要はありません。SDXとVPXのいずれも、プールされたライセンスに移行するために再起動する必要はありません。SVMは、1つ以上のVPXをプールされたライセンスに自動的に移行します。

スムーズな移行のために、以下の点を確認する必要があります。

  • SDX に適切なゼロキャパシティライセンスがあることを確認します。

  • Citrix ADMサーバーに、SDXのVPXインスタンスで使用するライセンスエディションに十分な容量があることを確認します。

  • すべてのVPXインスタンスについて、SVMのADMから十分な帯域幅容量がチェックアウトされていることを確認します。

    • 例:SDXに10個のVPXインスタンスがあり、一緒に40 Gbpsのプレミアムと20 Gbpsのアドバンストを消費する場合は、最初にSVM経由でチェックアウトして、VPXインスタンスがこれらのライセンスを取得できるようにします。

30日間の猶予期間中のCitrix ADCインスタンスの操作

プールからライセンスを受け取った後にCitrix ADCインスタンスがCitrix ADMから切断された場合、ライセンスサーバーとの接続の再確立を試行する間、30日間の猶予期間内で動作し続けることができます。Citrix ADCが再起動しても、ライセンスは30日間の猶予期間内に残り、インスタンスは引き続き動作します。

クライアント側で開始されるチェックイン(ランダム化):Citrix ADMが接続を開始するシナリオ

クライアント側で開始されるチェックイン(ランダム化)の場合、Citrix ADMがこの接続を開始するシナリオはありますか?

Citrix ADM(ライセンスサーバー)とCitrix ADC(ライセンスクライアント)は、ハートビートパケットを交換して、クライアントとサーバーの間で確立された接続の健全性を監視します。この期間は、すべてのCitrix ADCクライアントが同時にCitrix ADMライセンスサーバーに要求を送信しないようにするためにランダム化されます。

クライアントとサーバー間のライセンス接続に問題がある場合は、次の操作が実行されます。

  • Citrix ADMがCitrix ADCクライアントからハートビートパケットを受信しない場合、Citrix ADMサーバーはその特定のCitrix ADCに割り当てられたライセンスを要求します。

  • Citrix ADCがハートビートパケットを受信しない場合、Citrix ADCは30日間のライセンス猶予期間に移行します。

  • Citrix ADCがCitrix ADMライセンスサーバーとのライセンスサーバー接続の確立信号を受信した場合、Citrix ADCはCitrix ADMからライセンスを再度チェックアウトします。

Citrix ADC 再起動中にプールされた帯域幅割り当て

Citrix ADC 再起動中に帯域幅が割り当てられた場合、プールされた帯域幅ライセンスは部分的に(プール内の使用可能な帯域幅まで)分散されますか?それともライセンスが配布されないのでしょうか?

Citrix ADCは、最初にユーザーが構成したプール容量をチェックアウトしようとします。この試行が失敗すると、Citrix ADCはCitrix ADMで使用可能なプールされた容量をチェックアウトしようとします。

注:

この機能は、MPXおよびVPXでのみ使用できます。Citrix ADMに十分な容量がない場合、SDXはライセンスの部分的なチェックアウトを試みます。

ライセンスの不一致アラート(Citrix ADCがライセンスの一部または一部を受信しない)

不一致が発生した場合(たとえば、Citrix ADCがライセンスを受け取らなかったり、部分的なライセンスのみを受け取った場合)、Citrix ADMはこの状況に調整のフラグを立てることができますか?

Citrix ADCがライセンスまたは部分的なライセンスを受け取らない場合にライセンスの不一致が発生した場合、Citrix ADMはこの状況で調整のためにフラグを立てる必要があります。ライセンスの不一致は、次のシナリオで発生する可能性があります。

  • Citrix ADCが再起動すると、Citrix ADCは再起動後にライセンスを再度チェックアウトします。これにより、プールされた容量の不一致イベントがクリアされます。

  • Citrix ADMが再起動すると、Citrix ADCとCitrix ADMのライセンス情報がハートビート間隔内で同期され、このイベントがクリアされます。

  • 再起動またはライセンスサーバーの再接続後にCitrix ADCチェックアウトが失敗した場合、自動リカバリは行われません。ユーザーは、プールからライセンスを手動でチェックアウトする必要があります。

Citrix ADMの高可用性(HA)フェイルオーバー

Citrix ADMのHAフェイルオーバー中に、ライセンスファイルがどのように同期され、どのような障害が発生する可能性がありますか(Citrix ADC上のSSL証明書がプライマリノードで更新されたときにセカンダリノードにコピーされないことがあるなど)。

Citrix ADMの高可用性(HA)によるプールライセンスサポートは、ソフトウェアリリース12.1-50.x以降から利用できます。Citrix ADMは、プライマリCitrix ADMにアップロードされたファイルをセカンダリCitrix ADMに定期的に同期します。したがって、ファイルの同期は、HA フェイルオーバーイベントが発生する前に行われます。その結果、ファイル同期の失敗は発生しにくくなります。たとえば、プライマリCitrix ADMで更新され、セカンダリCitrix ADMにコピーされていないCitrix ADC上のSSL証明書などです。

セカンダリCitrix ADMデータベースの健全性チェック

セカンダリデータベースの問題について、健全性ステータスチェックは行われますか。セカンダリCitrix ADMは、異常な情報が複製されないように、共有される情報が正常であることを検証していますか。

ライセンス情報は、ライセンスサーバーのメモリ(Citrix ADM内)に保持されます。この情報は、Citrix ADMセカンダリと同期されません。すべてのライセンスのチェックアウト/チェックインは、ライセンスサーバーのメモリ内情報に対して実行されます。Citrix ADMデータベースは、ライセンスサーバー(Citrix ADM内)およびCitrix ADCインスタンスから収集されたレポートの保存にのみ使用されます。

Citrix ADMでは、Citrix ADMプライマリからセカンダリへのライセンスファイルのみが同期されます(ソフトウェアリリース12.1-50.x以降)。

Citrix ADM HAフェイルオーバー中、Citrix ADCはハートビート間隔の後にライセンスをADMからチェックアウトし、ハートビート間隔の後にライセンスサーバーのメモリが更新されます。

ライセンスが使用不可になるための猶予期間を逆にする

即時にシャットダウンするのではなく、猶予期間中、インスタンスのライセンスを維持できるライセンス使用不可の逆猶予期間はありますか。たとえば、Citrix ADCはチェックインを試行し、Citrix ADMでは有効なライセンスがないと表示されます。

この特定の問題の解決策が調査されています。この問題に対する解決策が提案されたら、ユーザーに通知します。

Citrix ADMでのライセンス設定可能なシステムID

Citrix ADMのライセンスに使用する構成可能なシステムID(MACアドレスベースのシステムとは対照的に)はサポートされていますか?

ライセンス設定可能なシステム ID のサポートは現在予定されていません。

ファイルの整合性チェックまたはメカニズム

プライマリからセカンダリCitrix ADMに複製されるライセンスを含むファイルについては、プライマリDBの破損によって問題がセカンダリに複製されないように、整合性/破損チェックまたはメカニズムが用意されていますか。

Citrix ADMは、ライセンスファイルをファイルシステム内に保持し、RSYNCユーティリティを使用して同期します。その結果、データベースの問題がライセンスファイルに影響を与えません。

Citrix ADMエージェントによるライセンスのチェックイン/チェックアウトの使用方法

注:

現在、パブリッククラウドのプールされたキャパシティでは、特定のテナントごとに 1 つのエージェントのみがサポートされています。

バーストライセンス

バーストライセンスは、消費要素を追加することで、プールされたキャパシティを拡張したものです。お客様は、帯域幅要件を正確に予測できない場合があります。これは、さまざまな理由や、合併や買収などの特別な状況、またはブラックフライデーの売り上げなどの特別な事象によって発生し、トラフィックが急増し、顧客の現在のキャパシティを上回る可能性があります。一般に、業界では、多くのクラウドサービスによって駆動される消費モデル (従量課金制) に移行しています。

プールされたキャパシティのバーストライセンスにより、お客様はプールされたキャパシティを基本サブスクリプションとして購入し、必要に応じて購入したプールされたキャパシティを上回るバーストオプションを利用できます。基本サブスクリプションプールの場合、お客様はサブスクリプション期間 (1 年、3 年、または 5 年) の間、前払いする必要があります。バーストプールの場合、顧客は前払いなしで消費することができ、消費後の年間実際の使用量に基づいて課金されます。

バーストライセンスでは、Citrix ADCは1つのプール、つまり、ベースプールとバーストプールを組み合わせたビューを表示します。Citrix ADCがベースプールからのチェックアウトに失敗すると、バーストプールからのチェックアウトが試行されます。

ADM でのバーストライセンスレポート

ベースおよびバーストプールのライセンス使用状況レポートが生成されます。毎月のライセンス使用状況レポートは、ライセンスプールの 1 時間あたりの最大ライセンス使用量を報告するために生成されます。これらの月次レポートのパージ間隔は、最大 3 年間です。年次ライセンス使用状況レポートは、ライセンスプールでの月あたりの最大ライセンス使用量を報告するために生成されます。これらの年次レポートのパージ間隔は、最大 6 年間です。お客様は、指定した時間範囲の計測データを CSV、XLS、PDF としてエクスポートできます。

BLX プールライセンス

BLXは、Citrix ADC VPXと同じライセンスプールを使用します。

仮想 CPU ライセンスの概要

データセンターは、コスト削減と拡張性の向上を実現しつつ、ネットワーク機能をシンプル化する新しいテクノロジーに移行しています。新しいデータセンターアーキテクチャには、少なくとも次の機能が含まれている必要があります。

  • ソフトウェア定義ネットワーキング (SDN)。
  • ネットワーク機能仮想化 (NFV)。
  • ネットワーク仮想化 (NV)。
  • マイクロサービス。

このような動きはまた、変化し続けるビジネスニーズを満たすために、ソフトウェア要件が動的で柔軟性が高く、俊敏であることが要求されます。ライセンスは、使用状況を完全に把握できる中央管理ツールによって管理されることも期待されています。

以前は、Citrix SW ADCライセンスは、インスタンスによる帯域幅消費に基づいて割り当てられていました。Citrix SW ADCは、バインドされたライセンスエディション(標準、アドバンスト、プレミアム)に基づいて、特定の帯域幅およびその他のパフォーマンスメトリックを使用するように制限されていました。使用可能な帯域幅を増やすには、より多くの帯域幅を提供するライセンスエディションにアップグレードする必要がありました。特定のシナリオでは、帯域幅要件が少なくなる可能性がありますが、SSL TPS、圧縮スループットなど、他の L7 パフォーマンスに対する要件は高くなっていました。この場合、Citrix SW ADCライセンスのアップグレードは適切ではない場合があります。ただし、CPU を大量に消費する処理に必要なシステムリソースのロックを解除するには、帯域幅の大きいライセンスを購入する必要があります。Citrix SW ADMでは、仮想CPU(vCPU)の数に基づいたライセンスの割り当てがサポートされるようになりました。

vCPUベースのライセンス機能では、特定のCitrix SW ADC VPXに資格が付与されるvCPUの数を指定します。Citrix SW ADC VPXでは、ライセンスサーバーからライセンスを動的にチェックアウトできます。ただし、ソフトウェアADCを実行できるvCPUの数に制限はありません。vCPU ライセンスは、VPX、CPX、BLX を含むすべての SW ADC フォームファクタをサポートします。

プールされたライセンス容量およびCICO(チェックイン、チェックアウト)ライセンス機能と同様に、Citrix SW ADMライセンスサーバーは個別のvCPUライセンスセットを管理します。また、vCPU ライセンス用に管理される 3 つのエディションは、標準、アドバンスト、プレミアムのエディションです。これらのエディションでは、バンド幅ライセンスのエディションでロック解除された機能と同じ機能のセットが解除されます。

vCPU の数が変更されたり、ライセンスエディションが変更されたりする場合があります。このような場合、ユーザーは新しいライセンスのセットのリクエストを開始する前に、常にインスタンスをシャットダウンする必要があります。ユーザーは、ライセンスをチェックアウトした後、Citrix SW ADCを再起動する必要があります。

Citrix ソフトウェアADC VPXでGUIを使用してライセンスサーバーを構成します。

  1. Citrix SW ADC VPXで、[システム] > [ライセンス] に移動し、[ライセンスの管理] をクリックします。
  2. [ライセンス] ページで、[新しいライセンスの追加] をクリックします。
  3. [ライセンス] ページで、[リモートライセンスを使用する] オプションを選択します。
  4. [リモート ライセンスモード] リストから [CPU ライセンス] を選択します。
  5. ライセンスサーバーのIPアドレスとポート番号を入力します。
  6. [続行] をクリックします。

    注: ユーザーは、常にCitrix SW ADC VPXインスタンスをCitrix SW ADMに登録する必要があります。まだ行っていない場合は、[Citrix SW ADMで登録]を有効にして、Citrix ADMログイン資格情報を入力します。

  7. [ライセンスの割り当て] ウィンドウで、ライセンスのタイプを選択します。ウィンドウには、合計と使用可能な vCPU、および割り当て可能な CPU が表示されます。[ライセンスの取得] をクリックします。

  8. 次のページで [Reboot] をクリックして、ライセンスを申請します。

注: ユーザーは現在のライセンスをリリースし、別のエディションからチェックアウトすることもできます。たとえば、ユーザーはすでにインスタンスでスタンダードエディションのライセンスを実行しています。彼らはそのライセンスをリリースし、アドバンス版からチェックアウトすることができます。 注: ユーザーは、vCPU ごとに正しい量のメモリ(2 Gb)が割り当てられていることを確認する必要があります。vCPU あたりのメモリ割り当てを確認します。正しくない場合は、メモリを増やし、Citrix SW ADC VPXインスタンスを再起動します。

CLIを使用して、Citrix SW ADC VPXでライセンスサーバーを構成します。

Citrix SW ADC VPXコンソールで、以下の2つのタスクに対して次のコマンドを入力します。

  1. ライセンスサーバーをCitrix SW ADC VPXに追加するには:
    • ライセンスサーバの IP アドレスを入力します。たとえば、http://192.168.100.1のようになります。
  2. ライセンスを申請するには:
    • 容量を設定-vcpu-エディションプラチナ
    • プロンプトが表示されたら、次のコマンドを入力してインスタンスを 再起動します。reboot-w

Citrix ソフトウェアADMでの仮想CPUライセンスの管理

  1. Citrix SW ADMで、[ネットワーク] > [ライセンス] > [仮想CPUライセンス] に移動します。

  2. このページには、各ライセンスエディションに割り当てられたライセンスが表示されます。

  3. 各ドーナツ(Standard、Advanced、Premium)内の番号をクリックして、このライセンスを使用しているCitrix SW ADCインスタンスを表示します。

Citrix SW ADC CPX の仮想CPUライセンス

Citrix SW ADC CPXインスタンスのProvisioning 中に、インスタンスのCPU使用率に応じて、ライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトするようにCitrix SW ADC CPXインスタンスを構成できます。

Citrix SW ADC CPXは、Citrix SW ADM上で動作するライセンスサーバーに依存してライセンスを管理します。Citrix SW ADC CPXは、起動時にライセンスサーバーからライセンスをチェックアウトします。Citrix SW ADC CPXがシャットダウンすると、ライセンスはライセンスサーバーにチェックインされます。

ユーザーは、Docker アプリストアからCitrix SW ADC CPXをダウンロードすることができます. Docker ホストで、Citrix SW ADC CPXをダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

  • docker pull store/citrix/netscalercpx:[バージョン番号]

CPXライセンスには、次の3つのライセンスタイプがあります。

  1. CPXおよびVPXでサポートされる仮想CPUサブスクリプションライセンス

  2. プールされたキャパシティライセンス

  3. CPX のみで単一から複数の vCPU をサポートする CP1000 ライセンス

Citrix SW ADC CPXインスタンスのProvisioning 中にvCPUサブスクリプションライセンスを構成するには

ユーザーは、Citrix ADC CPXインスタンスが使用するvCPUライセンスの数を指定する必要があります。

  • この値は、Docker、Kubernetes、またはMesos/Marathonを通じて環境変数として入力されます。

  • ターゲット変数は 「CPX_CORES」です。CPXは1から7コアまでサポートできます。

2つのコアを指定するには、次のようにdocker runコマンドを実行できます。

  • docker run -dt -P –privileged=true –ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2

Citrix ADC CPXインスタンスのProvisioning 中に、以下に示すように、ドッカーの実行コマンドでCitrix SW ADCライセンスサーバーを環境変数として定義します。

  • docker run -dt -P –privileged=true –ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2 -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> cpx:11.1

各項目の意味は次のとおりです。

  • <LS_IP_ADDRESS>は、Citrix ADCライセンスサーバーのIPアドレスです。

  • <LS_PORT>は、Citrix ADCライセンスサーバーのポートです。デフォルトのポートは27000です。

注: デフォルトでは、Citrix SW ADC CPXインスタンスはvCPUサブスクリプションプールからライセンスをチェックアウトします。インスタンスが「n」の CPU で実行されている場合、CPX インスタンスは「n」個のライセンスをチェックアウトします。

Citrix SW ADC CPXインスタンスのProvisioning 中に、Citrix SW ADCプール容量またはCP1000ライセンスを構成するには

プールされたライセンス(帯域幅ベース)またはCPXプライベートプール(CP1000またはプライベートプールベース)を使用してCPXインスタンスのライセンスをチェックアウトする場合、ユーザーはそれに応じて環境変数を指定する必要があります。

例:

  • docker run -dt -P –privileged=true –ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2 -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> -e PLATFORM=CP1000 cpx:11.1

CP1000. このコマンドは、CP1000 プール(CPX プライベートプール)からのチェックアウトをトリガーします。次に、Citrix SW ADC CPXインスタンスは、CPX_CORESに指定されたコア数の「n」数のインスタンスを取得します。最も一般的な使用例は、1 つのインスタンスのチェックアウトに n = 1 を指定することです。マルチコア CPX ユースケースは「n」の vCPU をチェックアウトします (「n」は 1 から 7 まで)。

  • docker run -dt -P –privileged=true –ulimit core=-1 -v<host_dir>:/cpx -e EULA=yes -e CPX_CORES=2 -e LS_IP=<LS_IP_ADDRESS> -e LS_PORT=<LS_PORT> -e BANDWIDTH=2000 cpx:11.1

プールされた容量。このコマンドは、インスタンスプールから 1 つのライセンスをチェックアウトし、プラチナ帯域幅プールから 1000 Mbps の帯域幅を消費しますが、CPX は最大 2000 Mbps で実行できます。プールライセンスでは、最初の 1000 Mbps は課金されません。

注: 次の表に示すように、帯域幅プールからチェックアウトするときに、目的のターゲット帯域幅に対応する vCPU 数を指定します。

コア数(vCPU) 最大帯域幅
1 1000Mbps
2 ビット/秒
3 3500 メガビット/秒
4 5000メガビット/秒
5 6500 メガビット/秒
6 8000メガビット/秒
7 9300 メガビット/秒

Citrix ADMサービスプールライセンスの概要

Citrix ADMサービスプールライセンスは、Citrix ADMサービスの機能です。Citrix ADM Serviceプールライセンスを使用すると、ADM Serviceでプールライセンスを使用できます。ADM Service プールライセンスを使用すると、ユーザーは複数のデータセンターに分散する複数の ADC にまたがるライセンス割り当てを管理できます。Citrix ADMサービスプールライセンスでは、データセンターごとに複数のエージェントがサポートされます。ライセンスは、1 つのエージェントだけでなく、ADM サービス全体によって管理されます。したがって、ユーザーはエージェントをクラウドベースのライセンスサーバーへのネットワークプロキシと考える必要があります。Citrix ADMサービスプールライセンスでは、Citrixポータルからライセンスを取得するためのライセンスアクセスコードもサポートしています。Citrix ADM Serviceには、ユーザーが容量割り当てを管理し、ライセンスの使用状況を表示するためのダッシュボードが用意されています。

ADM サービスにアップロードされるライセンスは、プールされたライセンスの種類である必要があります。また、クラウド仮想ホスト ID にロックする必要があります。エージェントでは、受信ポート 27000 および 7279 が開かれている必要があります。エージェントがダウンすると、エージェントに接続されているADCは猶予モードになります。エージェントがダウンした場合、エージェントに接続されていないADCは、約20分間の構成変更を反映しません。彼らは正常に動作し続けます。ADC(またはライセンスエディション)のライセンスタイプを変更するには、ウォームリブートが必要です。ライセンスの容量を変更しても、再起動は不要です。

ADMサービスの機能を使用する前に、エージェントとADCを登録/追加プロセスでCitrix ADMサービスに知らせる必要があります。ADM サービスの登録/追加ワークフローは次のとおりです:

注: 最初の3つの手順は、ADMのコンテキストを参照します。

  1. エージェントを ADM サービスに登録します。
  2. ADMサービスで、これらのエージェントにADCインスタンスを追加します。
  3. ADM サービスでライセンスをアップロードします。

    注: 次の3つの手順は、ADCのコンテキストを参照します。

  4. ADC GUIでリモートライセンスを選択します。
  5. ADCが登録されているエージェントのIPアドレスを入力します。
  6. 割り当て(ADC上)

注: ADM サービスを使用して、すべての ADC のプールされたライセンスを監視したり、割り当てを変更したりできるようになりました。

Citrix ADCプール容量検証済みリファレンス設計