Product Documentation

新機能

Jun 05, 2015

App Orchestrationは、マルチテナント/マルチロケーション環境でアプリケーションやデスクトップの配信をオーケストレーションおよび自動化するためのCitrix Service Provider(CSP)用の製品です。そのほかの情報:

  • App Orchestration用ネットワーク環境の準備
  • SSLによるApp Orchestration展開の保護
  • プライベートオファリングの分離テナント
  • 容量要件を満たすための効率のいいオファリングの規模

App Orchestration 2.5

  • XenApp 7.5およびXenDesktop 7.5のサポート:App Orchestrationでは、XenApp 6.5ファームやXenApp/XenDesktop 7.5サイトを使用してアプリやデスクトップを展開したり管理したりできます。
  • Zero Trust Agent:このドメインエージェントを使用すると管理トラフィックがNATを通過できるようになるため、構成サーバーとController間の接続要件が緩和されます。さらに、オーケストレーションされるドメインとApp Orchestrationのドメインとの間に信頼関係を構成する必要もありません。
  • オンデマンドプロビジョニング機能:App Orchestrationでは、アプリケーションやデスクトップをホストするための仮想マシンの自動的な作成や準備が完全にサポートされます。この機能では、Citrix XenServer、Microsoft Hyper-V、またはVMware ESXを実行するコンピューティングリソースを使用できます。
  • クラウドプロビジョニング:従来のハイパーバイザーを使用したプロビジョニングに加えて、App OrchestrationにはCitrix CloudPlatformを使用したオンデマンドのプロビジョニング機能も用意されています。
  • アップグレード:直観的に操作できるユーザーインターフェイスを使用して、既存のApp Orchestration 2.0環境をアップグレードできます。
  • 洗練されたユーザーエクスペリエンス:App Orchestrationでは、シンプルなインストーラーと洗練されたユーザーエクスペリエンスが提供されます。管理者は、わかりやすいウィザードの指示に従って初回構成を行いながらシステムの内容を理解できます。

関連情報