ネットワークへの直接アクセスが有効なNetScaler CPXの展開

ネットワークに直接アクセスできるように、NetScaler CPXインスタンスを構成できます。このシナリオでは、受信トラフィックはNetScaler CPX VIPで直接受信されます。

この通信を有効にするには、まず、docker0ブリッジにパブリックIPアドレスを構成する必要があります。次に、ネットワークポートeth0からパブリックIPアドレスを削除し、ネットワークポートをdocker0ブリッジにバインドします。

2つのサービスを追加して負荷分散を構成し、次にネットワークパブリックIPアドレスを、NetScaler CPXインスタンスのVIPとして構成します。クライアント要求は、VIPで直接受信されます。

注: 構成例では、10.x.x.xネットワークはパブリックネットワークを表していることに注意してください。

このシナリオを構成するには、Linuxシェルプロンプトで次のコマンドを実行します:

ip addr add 10.102.29.100/24 dev docker0; \
ip addr del 10.102.29.100/24 dev eth0; \
brctl addif docker0 eth0; \
ip route del default; \
ip route add default via 10.102.29.1 dev docker0

NetScaler MASのジョブ機能を使用するか、Nitro APIを使用して、次のコマンドを実行します。

add service s1 172.17.0.8 http 80
add service s2 172.17.0.9 http 80
add lb vserver cpx-vip HTTP 10.102.29.102 80
bind lb vserver cpx-vip s1
bind lb vserver cpx-vip s2

ネットワークへの直接アクセスが有効なNetScaler CPXの展開

In this article