Citrix ADC

nFactor 認証を使用したサンプルデプロイ

以下は、nFactor 認証を使用するサンプルデプロイメントです。

  • 2つのパスワードを前もって取得し、次の要素でパススルーします。Read
  • グループの抽出に続いて、グループメンバーシップに基づく証明書または LDAP 認証。読み取り
  • SAML の後に、SAML 中に抽出された属性に基づく LDAP または証明書認証が続きます。Read
  • SAMLを第1要素とし、次にグループを抽出し、抽出されたグループに基づいてLDAPまたは証明書認証を行います。読み取り
  • 証明書からユーザー名を事前に入力しています。Read
  • 401 対応トラフィック管理仮想サーバーの証明書認証とそれに続くグループ抽出。読み取り
  • ユーザ名と 2 つのパスワード、グループ抽出の 3 番目の要因。Read
  • 証明書は同じカスケードで LDAP にフォールバックします。証明書と LDAP 認証の両方に 1 つの仮想サーバーを使用します。読み取り
  • 第1ファクタはLDAPで、第2ファクタはWebAuthです。読み取り
  • ドメインは最初の要素でドロップダウンし、次にグループに基づいて異なるポリシー評価を行います。読み取り
nFactor 認証を使用したサンプルデプロイ

この記事の概要