Citrix ADC

Citrix ADC nFactor システムによって生成されるエラーメッセージのローカライズ

このトピックでは、Citrix ADC nFactor システムによって生成されるエラーメッセージのローカライズについて説明します。これらのメッセージには、拡張認証フィードバックの一部として取得される拡張認証エラー文字列が含まれます。

nFactor サブシステムによって送信されるデフォルトのエラー文字列については、英語版の /var/netscaler/ログオン/ログオンポイント/レシーバ/js/ローカライゼーション/js/ctxs.strings.js を参照してください。他の言語のエラー文字列は、/var/netscaler/ログオン/ログオンポイント/レシーバ/js/ローカライズ/内の対応するディレクトリにあります。

エラー・メッセージをローカライズするには、RfWeb UI に基づいてポータル・テーマを作成する必要があります。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add portaltheme custom_error_theme -basetheme RfWebUI

bind authentication vserver av1  -portaltheme custom_error_theme

これらのコマンドが実行されると、/var/netscaler/logon/themes/<name>に新しいディレクトリが作成されます。このディレクトリには、「strings.en.json」という名前のファイルが含まれています。このファイルは空のjsonファイルです。管理者は、古いエラー文字列と新しいエラー文字列で構成される名前と値のペアを追加できます。

たとえば、 { 「認証中にアクティブなポリシーはありません」:「認証中にアクティブなポリシーはありません。管理者に連絡してください」 }

上記の例では、左側のテキストが nFactor によって送信される既存のエラーメッセージです。右側のテキストがその代わりになります。管理者は、必要に応じてさらにメッセージを追加できます。

認証フィードバックの強化

認証プロセス中に拡張エラーメッセージを取得するには、EnhedAuthenticationFeedback 機能を有効にする必要があります。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set aaa parameter –enableEnhancedAuthFeedback YES

Citrix ADC nFactor システムによって生成されるエラーメッセージのローカライズ