Citrix ADC

トラフィックの設定

保護されたアプリケーションにフォームベースまたは SAML シングルサインオン (SSO) を使用する場合は、トラフィック設定でこの機能を構成します。SSO を使用すると、ユーザーは 1 回ログオンして、保護されたすべてのアプリケーションにアクセスできます。各アプリケーションにアクセスするために個別にログオンする必要はありません。

フォームベースの SSO を使用すると、一般的なポップアップウィンドウではなく、独自のデザインの Web フォームをサインオン方法として使用できます。そのため、会社のロゴやその他の情報をログオンフォームに表示することができます。SAML SSO を使用すると、1 つの Citrix ADC アプライアンスまたは仮想アプライアンスのインスタンスを構成して、最初のアプライアンスで認証されたユーザーの代わりに別の Citrix ADC アプライアンスに対して認証を行うことができます。

いずれかのタイプの SSO を設定するには、まずフォームまたは SAML SSO プロファイルを作成します。次に、トラフィックプロファイルを作成し、作成した SSO プロファイルにリンクします。次に、ポリシーを作成し、トラフィックプロファイルにリンクします。最後に、ポリシーをグローバルにバインドするか、認証仮想サーバーにバインドして、設定を有効にします。

トラフィックの設定