Citrix ADC kerberosシングルサインオン

Citrix ADCアプライアンスは、Kerberos 5プロトコルを使用したシングルサインオン(SSO)をサポートするようになりました。ユーザーは、プロキシであるアプリケーションDelivery Controller(ADC)にログオンし、保護されたリソースへのアクセスを提供します。

Citrix ADC Kerberos SSO 実装では、基本認証、NTLM 認証、またはフォームベースの認証に依存する SSO メソッドのユーザーのパスワードが必要です。Kerberos SSOではユーザーのパスワードは必要ありません。ただし、Kerberos SSOが失敗し、Citrix ADCアプライアンスがユーザーのパスワードを持っている場合は、パスワードを使用してNTLM SSOを試行します。

ユーザーのパスワードが使用可能で、KCDアカウントがレルムで構成され、委任されたユーザー情報が存在しない場合、Citrix AD Kerberos SSOエンジンはユーザーを偽装して、承認されたリソースへのアクセスを取得します。偽装は、拘束されていない委任とも呼ばれます。

Citrix ADC Kerberos SSO エンジンは、委任されたアカウントを使用して、ユーザーに代わって保護されたリソースへのアクセスを取得するように構成することもできます。この構成では、委任されたユーザーの資格情報、キータブ、または委任されたユーザー証明書と、一致する CA 証明書が必要です。委任されたアカウントを使用する構成は、制約付き委任と呼ばれます。

Citrix ADC kerberosシングルサインオン