Citrix ADC

アクション分析

ウェブサイトやアプリケーションのパフォーマンスは、最も頻繁にリクエストされるコンテンツの配信を最適化する度合いによって異なります。キャッシュや圧縮などの方法は、クライアントへのサービス配信の高速化に役立ちますが、最も頻繁に要求されるリソースを特定し、それらのリソースをキャッシュまたは圧縮できるようにする必要があります。Webサイトやアプリケーショントラフィックに関するリアルタイム統計を集計すれば、最も頻繁に使用されるリソースを特定できます。リソースごとのアクセス頻度や消費帯域幅などの統計によって、サーバーパフォーマンスとネットワーク使用率を改善するために、それらのリソースをキャッシュまたは圧縮する必要があるかどうかを判断できます。応答時間やアプリケーションへの同時接続数などの統計は、サーバー側のリソースを強化する必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

ウェブサイトやアプリケーションが頻繁に変更されない場合は、統計データを収集する製品を使用して、統計情報を手動で分析し、コンテンツの配信を最適化することができます。ただし、手動による最適化を実行したくない場合、またはウェブサイトやアプリケーションが本質的に動的である場合は、統計データを収集するだけでなく、統計に基づいてリソースの配信を自動的に最適化できるインフラストラクチャが必要です。Citrix ADCアプライアンスでは、この機能はアクション分析機能によって提供されます。この機能は単一のCitrix ADCアプライアンス上で動作し、定義した基準に基づいてランタイム統計を収集します。Citrix ADCポリシーとともに使用すると、自動リアルタイムのトラフィック最適化に必要なインフラストラクチャも提供されます。

アクション分析機能を設定するときは、セレクタと呼ばれるエンティティでデフォルトの構文式を設定することで、統計データ(URL や HTTP メソッドなど)を収集するリクエスト属性を指定します。次に、サンプリング間隔やサンプル数などの設定を構成する ID を構成します。また、セレクタと識別子のペアで指定されたとおりにアプライアンスがトラフィックを評価できるようにするポリシーも設定します。最後に、ポリシーをバインドポイントにバインドして、統計情報の収集を開始します。

アプライアンスには、機能の使用を開始するために使用できる組み込みセレクター、識別子、レスポンダーポリシーのセットも用意されています。

アプライアンスは、次の統計情報を集約します。

  • リクエストの数。
  • 要求によって消費される帯域幅。
  • 応答時間。
  • 同時接続の数。

選択した属性に対してレコードの実行時ソートを実行するよう、機能を構成できます。統計データは、コマンドラインインターフェイスまたは構成ユーティリティの Stream Sessions ツールのいずれかを使用して表示できます。

アクション分析