Citrix ADC

HTTP callouts

特定のタイプの要求の場合、またはポリシー評価中に特定の基準が満たされた場合には、ポリシー評価を短時間停止し、サーバから情報を取得し、取得した情報に依存する特定のアクションを実行することができます。また、特定の種類の要求を受け取ったときに、データベースや Web サーバーでホストされているコンテンツを更新することもできます。HTTP コールアウトを使用すると、これらのすべてのタスクを実行できます。

HTTPコールアウトは、ポリシー評価中に特定の条件が満たされたときにCitrix ADCアプライアンスが生成し、外部アプリケーションに送信するHTTPまたはHTTPSリクエストです。サーバから取得された情報は、デフォルトの構文ポリシー式で分析でき、適切なアクションを実行できます。HTTP コンテンツスイッチング、TCP コンテンツスイッチング、リライト、レスポンダ、およびトークンベースの負荷分散方式の HTTP コールアウトを設定できます。

HTTP コールアウトを設定する前に、コールアウトの送信先となるサーバー上にアプリケーションを設定する必要があります。HTTP コールアウトエージェントと呼ばれるアプリケーションは、HTTP コールアウト 要求に必要な情報で応答するように設定する必要があります。HTTPコールアウトエージェントは、Citrix ADCアプライアンスがコールアウトを送信するデータを提供するWebサーバーでもかまいません。HTTP コールアウトへの応答の形式が、ある呼び出しから別の呼び出しに変更されないようにする必要があります。

HTTPコールアウトエージェントを設定したら、Citrix ADCアプライアンスでHTTPコールアウトを構成します。最後に、コールアウトを呼び出すには、適切なCitrix ADC機能のデフォルトの構文ポリシーにコールアウトを含めて、ポリシーを評価するバインドポイントにポリシーをバインドします。

HTTP コールアウトを設定したら、コールアウトが正しく動作していることを確認する設定を確認する必要があります。

HTTP callouts