Citrix ADC

ユースケース:動的コンテンツの切り替え

このユースケースは、HTTP コールアウトを使用して、要求の転送先となる負荷分散仮想サーバーの名前を取得することにより、動的なコンテンツスイッチングを提供します。

  1. コンテンツスイッチング仮想サーバーを追加します。

    add cs vserver cs_vserver1 HTTP 10.102.29.196 80
    
  2. HTTP コールアウトを作成します。

    add policy httpCallout http_callout1
    
  3. HTTP ヘッダー「X-CLIENT-IP」にクライアント IP アドレスを含む要求からの負荷分散仮想サーバーの名前で応答するように HTTP コールアウトを設定します。

    > set policy httpCallout http_callout1 -IPAddress 10.217.14.23 -port 80 -returnType TEXT -hostExpr ""www.get-lbvip.com"" -urlStemExpr ""/index.html"" -headers X-CLIENT-IP(CLIENT.IP.SRC) -resultExpr "HTTP.RES.BODY(1000).AFTER_STR("<lbvip>").BEFORE_STR("<lbvip")"
    
  4. コールアウト応答を取得するようにコンテンツスイッチングアクションを設定します。

    add cs action cs_action1 -targetVserverExpr 'SYS.HTTP_CALLOUT(http_callout1)'
    

    注:

    負荷分散仮想サーバをコンテンツスイッチング仮想サーバにバインドして、次の項目を考慮する必要があります。

    • コールアウトが解決する負荷分散仮想サーバーの非可用性。
    • 吹き出しの実行から生じる UNDEF 条件。
    > bind cs vserver cs_vserver1 -lbvserver default_lbvip
    
  5. コンテンツスイッチングポリシーを設定します。

    add cs policy cs_policy1 -rule true -action cs_action1
    
  6. コンテンツスイッチングポリシーをコンテンツスイッチング仮想サーバーにバインドします。

    bind cs vserver cs_vserver1 -policyName cs_policy1 -priority 10
    

ユースケース:動的コンテンツの切り替え