AppExpert

曜日を文字列として短い形式と長い形式で生成する

関数WEEKDAY_STRING_SHORTWEEKDAY_STRINGは 、それぞれ短い形式と長い形式で、曜日を文字列として生成します。返される文字列は常に英語です。これらの関数で使用されるプレフィックスは、曜日を整数形式で返す必要があります。プレフィックスによって返される値の許容範囲は 0 ~ 6 です。したがって、許容範囲内の整数を返す任意のプレフィックスを使用できます。UNDEF 条件は、戻り値がこの範囲にない場合、またはメモリ割り当てが失敗した場合に発生します。

次に、関数の説明を示します。

機能 説明
<prefix>.WEEKDAY_STRING_SHORT 曜日を短い形式で返します。短い形式は常に 3 文字の長さで、最初の大文字と残りの文字は小文字です。たとえば、SYS.TIME.WEEKDAY.WEEKDAY_STRING_SHORT は、WEEKDAY 関数によって返される値が 0 の場合は Sun を返し、プレフィックスによって返される値が 6 の場合は Sat を返します。
<prefix>.WEEKDAY_STRING 曜日を長い形式で返します。長い形式は常に初期大文字で、残りの文字は小文字になります。たとえば、SYS.TIME.WEEKDAY.WEEKDAY_STRINGは、WEEKDAY 関数によって返される値が 0 の場合に Sundayを返し、プレフィックスによって返される値が 6 の場合に Saturday を返します。
曜日を文字列として短い形式と長い形式で生成する