AppExpert

TCP、UDP、および VLAN データの式

TCP および UDP データは、文字列または数値の形式をとります。TCP および UDP データの文字列値を返す式プレフィクスについては、任意のテキストベースの操作を適用できます。詳しくは、「高度なポリシー式:テキストの評価」を参照してください。

送信元ポートなどの数値を返す式プレフィクスについては、算術演算を適用できます。詳しくは、「式プレフィックスの基本的な操作」および「数値の複合演算」を参照してください。

次の表に、TCP および UDP データを抽出するプレフィクスを示します。

GET オペレーション 説明
CLIENT.TCP.PAYLOAD(<integer>) TCP ペイロードデータを文字列として返します。ペイロードの最初の文字から始まり、<integer> 引数の文字数だけ継続します。このプレフィックスには、任意のテキストベースの操作を適用できます。
CLIENT.TCP.SRCPORT 現在のパケットの送信元ポートの ID を数値で返します。
CLIENT.TCP.DSTPORT 現在のパケットの宛先ポートの ID を数値で返します。
CLIENT.TCP.OPTIONS クライアントによって設定された TCP オプションを返します。TCP オプションの例としては、最大セグメントサイズ (MSS)、ウィンドウスケール、選択的確認応答 (SACK)、タイムスタンプオプションがあります。<type> <m>このプレフィックスには、COUNT、TYPE ()、および TYPE_NAME () 演算子を使用できます。サーバによって設定される TCP オプションについては、SERVER.TCP.OPTIONS プレフィクスを参照してください。
CLIENT.TCP.OPTIONS.COUNT クライアントが設定した TCP オプションの数を返します。
CLIENT.TCP.OPTIONS.TYPE(<type>) 型 (またはオプションの種類) が引数として指定されている TCP オプションの値を返します。この値は、ビッグエンディアン形式 (またはネットワークバイト順序) のバイト文字列として返されます。パラメータ:タイプ-タイプ値
CLIENT.TCP.OPTIONS.TYPE_NAME(<m>) 列挙定数が引数として指定されている TCP オプションの値を返します。引数として渡すことができる列挙定数は、リピータ、タイムスタンプ、サックパーミットテッド、ウィンドウ、および最大セグです。これらの列挙定数の代わりに TCP オプションの種類を指定するには、CLIENT.TCP.OPTIONS.TYPE (<type>) を使用します。その他の TCP オプションについては、クライアント.TCP.OPTIONS.TYPE (<type>) を使用する必要があります。パラメータ:m-TCP オプション列挙定数
CLIENT.TCP.REPEATER_OPTION.EXISTS リピータ TCP オプションが存在する場合、ブール型 TRUE を返します。
CLIENT.TCP.REPEATER_OPTION.IP リピータ TCP オプションからブランチリピータの IPv4 アドレスを返します。
CLIENT.TCP.REPEATER_OPTION.MAC リピータ TCP オプションからブランチリピータの MAC アドレスを返します。
CLIENT.UDP.DNS.DOMAIN DNS ドメイン名を返します。
CLIENT.UDP.DNS.DOMAIN.EQ(“<hostname>”) ドメイン名が<hostname>引数に一致する場合に、ブール型 TRUE を返します。比較では、大文字と小文字は区別されません。次に、クライアント.udp.dns.ドメイン.eq(「www.mycompany.com」)の例を示します。
CLIENT.UDP.DNS.IS_AAAAREC レコードタイプが AAAA の場合、ブール型 TRUE を返します。これらのタイプのレコードは、前方参照の IPv6 アドレスを示します。
CLIENT.UDP.DNS.IS_ANYREC 任意のレコードタイプの場合に、ブール型 TRUE を返します。
CLIENT.UDP.DNS.IS_AREC レコードがタイプ A の場合、ブール型 TRUE を返します。タイプ A レコードがホストアドレスを提供します。
CLIENT.UDP.DNS.IS_CNAMEREC レコードのタイプが CNAME の場合は、ブール型 TRUE を返します。リソースを識別するために複数の名前を使用するシステムでは、正規名と 1 つのエイリアスがあります。CNAME は正規名を提供します。
CLIENT.UDP.DNS.IS_MXREC レコードのタイプが MX (メールエクスチェンジャ) の場合は、ブール型 TRUE を返します。この DNS レコードは、優先順位とホスト名を表します。同じドメイン名の MX レコードは、ドメイン内の電子メールサーバーと各サーバーの優先順位を指定します。
CLIENT.UDP.DNS.IS_NSREC レコードのタイプが NS の場合は、ブール型 TRUE を返します。これは、関連付けられた A レコードを持つホスト名を含むネームサーバレコードです。これにより、NS レコードに関連付けられているドメイン名を検索できるようになります。
CLIENT.UDP.DNS.IS_PTRREC レコードのタイプが PTR の場合は、ブール型 TRUE を返します。これはドメイン名ポインタであり、ドメイン名を IPv4 アドレスに関連付けるためによく使用されます。
CLIENT.UDP.DNS.IS_SOAREC レコードのタイプが SOA の場合は、ブール型 TRUE を返します。これは権威記録の始まりです。
CLIENT.UDP.DNS.IS_SRVREC レコードのタイプが SRV の場合は、ブール型 TRUE を返します。これは MX レコードのより一般的なバージョンです。
CLIENT.UDP.DSTPORT 現在のパケットの UDP 宛先ポートの数値 ID を返します。
CLIENT.UDP.SRCPORT 現在のパケットの UDP 送信元ポートの数値 ID を返します。
CLIENT.UDP.RADIUS 現在のパケットの RADIUS データを返します。
CLIENT.UDP.RADIUS.ATTR_TYPE(<type>) 引数として指定された属性タイプの値を返します。
CLIENT.UDP.RADIUS.USERNAME RADIUS ユーザー名を返します。
CLIENT.TCP.MSS 現在の接続の最大セグメントサイズ (MSS) を数値で返します。
CLIENT.VLAN.ID 現在のパケットがCitrix ADCに入ったVLANの数値IDを返します。
SERVER.TCP.DSTPORT 現在のパケットの宛先ポートの数値の ID を返します。
SERVER.TCP.SRCPORT 現在のパケットの送信元ポートの数値の ID を返します。
SERVER.TCP.OPTIONS サーバーによって設定された TCP オプションを返します。TCP オプションの例としては、最大セグメントサイズ (MSS)、ウィンドウスケール、選択的確認応答 (SACK)、タイムスタンプオプションがあります。<type> <m>このプレフィックスには、COUNT、TYPE ()、および TYPE_NAME () 演算子を使用できます。クライアントによって設定される TCP オプションについては、CLIENT.TCP.OPTIONS プレフィクスを参照してください。
SERVER.TCP.OPTIONS.COUNT サーバーが設定した TCP オプションの数を返します。
SERVER.TCP.OPTIONS.TYPE(<type>) 型 (またはオプションの種類) が引数として指定されている TCP オプションの値を返します。この値は、ビッグエンディアン形式 (またはネットワークバイト順序) のバイト文字列として返されます。パラメータ:タイプ-タイプ値
SERVER.TCP.OPTIONS.TYPE_NAME(<m>) 列挙定数が引数として指定されている TCP オプションの値を返します。引数として渡すことができる列挙定数は、リピータ、タイムスタンプ、サックパーミットテッド、ウィンドウ、および最大セグです。これらの列挙定数の代わりに TCP オプションの種類を指定するには、CLIENT.TCP.OPTIONS.TYPE (<type>) を使用します。その他の TCP オプションについては、クライアント.TCP.OPTIONS.TYPE (<type>) を使用する必要があります。パラメータ:m-TCP オプション列挙定数
SERVER.VLAN 現在のパケットがCitrix ADCに入ったVLAN上で動作する。
SERVER.VLAN.ID 現在のパケットがCitrix ADCに入ったVLANの数値IDを返します。
TCP、UDP、および VLAN データの式