Citrix ADC

高度なポリシー式:ストリーム分析関数

ストリーム分析式は、ANALYTICS.STREAM (<identifier_name>) プレフィックスで始まります。次のリストでは、このプレフィックスで使用できる関数について説明します。

  • COLLECT_STATS

    ポリシーに対して評価されるリクエストから統計データを収集し、リクエストごとにレコードを作成します。

  • REQUESTS

    指定されたレコードのグループ化に対して存在する要求の数を返します。返される値は、符号なし long 型です。

  • BANDWIDTH

    指定されたレコードグループの帯域幅統計情報を返します。返される値は、符号なし long 型です。

  • RESPTIME

    指定されたレコードのグループ化の応答時間の統計を返します。返される値は、符号なし long 型です。

  • CONNECTIONS

    指定されたレコードのグループ化に対して存在する同時接続の数を返します。返される値は、符号なし long 型です。

  • IS_TOP(n)

    指定したレコードグループの統計値が上位 n 個のグループのうちの 1 つである場合、ブール型 (Boolean) の値を返します。それ以外の場合は、ブール値 FALSE を返します。

  • CHECK_LIMIT

    指定したレコードグループの統計が、事前設定された制限に達した場合、ブール型 (Boolean) の値を返します。それ以外の場合は、ブール値 FALSE を返します。

高度なポリシー式:ストリーム分析関数