AppExpert

ポリシーラベルの作成

ポリシーバンクを設定する組み込みのバインドポイントに加えて、ユーザー定義のポリシーラベルを構成し、ポリシーを関連付けることもできます。

ポリシー・ラベル内では、ポリシーをバインドし、ポリシー・ラベルのポリシー・バンク内の他のポリシーと比較して各ポリシーの評価順序を指定します。Citrix ADCでは、次のような任意の評価順序を定義することもできます。

  • 「goto” 式を使用して、現在のエントリの後に評価されるバンク内の次のエントリを指すことができます。
  • ポリシーバンクのエントリを使用して、別のバンクを呼び出すことができます。

各機能によって、ポリシーラベルにバインドできるポリシーのタイプ、ラベルをバインドできる負荷分散仮想サーバーのタイプ、およびラベルを起動できるコンテンツスイッチ仮想サーバーのタイプが決まります。たとえば、TCP ポリシーラベルは、TCP 負荷分散仮想サーバにのみバインドできます。HTTP ポリシーをこのタイプのポリシーラベルにバインドすることはできません。また、TCP ポリシーラベルは、TCP コンテンツスイッチング仮想サーバからのみ呼び出すことができます。

新しいポリシーラベルを設定したら、組み込みバインドポイントの 1 つ以上のバンクから呼び出すことができます。

CLI を使用してキャッシュポリシーラベルを作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、キャッシュポリシーラベルを作成し、構成を確認します。

-  add cache policylabel <labelName> -evaluates req|res  

-  show cache policylabel<labelName>  

例:

> add cache policylabel lbl-cache-pol -evaluates req
Done

> show cache policylabel lbl-cache-pol
            Label Name: lbl-cache-pol
            Evaluates: REQ
            Number of bound policies: 0
            Number of times invoked: 0
Done

CLI を使用したコンテンツスイッチングポリシーラベルの作成

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、Content Switching ポリシーラベルを作成し、構成を確認します。

-  add cs policylabel <labelName> http|tcp|rtsp|ssl  

-  show cs policylabel <labelName>  

例:

> add cs policylabel lbl-cs-pol http
Done
> show cs policylabel lbl-cs-pol
            Label Name: lbl-cs-pol
            Label Type: HTTP
            Number of bound policies: 0
            Number of times invoked: 0
Done

CLI を使用して書き換えポリシーラベルを作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、書き換えポリシーラベルを作成し、構成を確認します。

-  add rewrite policylabel <labelName> http_req|http_res|url|text|clientless_vpn_req|clientless_vpn_res  

-  show rewrite policylabel <labelName>  

例:

> add rewrite policylabel lbl-rewrt-pol http_req
Done

> show rewrite policylabel lbl-rewrt-pol
            Label Name: lbl-rewrt-pol
            Transform Name: http_req
            Number of bound policies: 0
            Number of times invoked: 0
Done

CLI を使用してレスポンダーポリシーラベルを作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、Responder ポリシーラベルを作成し、構成を確認します。

-  add responder policylabel <labelName>  

-  show responder policylabel <labelName>  

例:

> add responder policylabel lbl-respndr-pol
Done

> show responder policylabel lbl-respndr-pol
            Label Name: lbl-respndr-pol
            Number of bound policies: 0
            Number of times invoked: 0
Done

注: このポリシーラベルは、ポリシーバンクから呼び出します。詳細については、「ポリシーラベルへのポリシーのバインド」を参照してください。

GUIを使用したポリシー・ラベルの作成

  1. ナビゲーションペインで、ポリシーラベルを作成する機能を展開し、[Policy Labels] をクリックします。[統合キャッシュ]、[書き換え]、[コンテンツの切り替え]、または [レスポンダー] から選択できます。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [Name] ボックスに、このポリシーラベルの一意の名前を入力します。
  4. ポリシーラベルの機能固有の情報を入力します。たとえば、統合キャッシュの場合、[評価] ドロップダウンメニューで、このポリシーラベルに要求時間ポリシーを含める場合は [REQ] を選択し、このポリシーラベルに応答時間ポリシーを含める場合は [RES] を選択します。[書き換え] では、変換名を選択します。
  5. [作成] をクリックします。
  6. 組み込みのポリシーバンクの 1 つを構成して、このポリシーラベルを呼び出します。詳細については、「ポリシーラベルへのポリシーのバインド」を参照してください。ステータスバーにポリシーラベルが正常に作成されたことを示すメッセージが表示されます。

ポリシーラベルにポリシーをバインドする

組み込みバインドポイントにバインドされるポリシーバンクと同様に、ポリシーラベル内の各エントリは、ポリシーラベルにバインドされるポリシーです。グローバルにバインドされるポリシーまたは vserver にバインドされるポリシーと同様に、ポリシーラベルにバインドされる各ポリシーは、現在のエントリが処理された後に評価されるポリシーバンクまたはポリシーラベルを呼び出すことができます。次の表は、ポリシーラベルのエントリをまとめたものです。

  • Name。ポリシーの名前。ポリシーを評価せずに別のポリシーバンクを呼び出す場合は、「ダミー」ポリシー名 NOPOLICY。

    ポリシーバンクでは NOPOLICY を複数回指定できますが、名前付きポリシーは一度しか指定できません。

  • Priority。整数。この設定は、Goto 式で使用できます。

  • Goto式。このバンクで評価する次のポリシーを決定します。次のいずれかの値を指定できます。

    • NEXT 次に高い優先度を持つポリシーに移動します。
    • 終了。評価を停止します。
    • USE_INVOCATION_RESULT このエントリが別のポリシーバンクを呼び出す場合に適用されます。呼び出されたバンクの最後の Gotoの値が END の場合、評価は停止します。最後の Goto が END 以外の場合、現在のポリシーバンクが NEXT を実行します。
    • 正の数: 評価される次のポリシーの優先度番号。
    • 数式を指定します。評価される次のポリシーのプライオリティ番号を生成する式。

    Gotoは、ポリシーバンクでのみ進めることができます。

    Goto 式を省略すると、END を指定した場合と同じです。

  • 呼び出しタイプ。ポリシーバンクタイプを指定します。値には、次のいずれかを指定できます。

    • 仮想サーバを要求します。仮想サーバーに関連付けられた要求時間ポリシーを呼び出します。
    • 応答サーバ。仮想サーバに関連付けられた応答時間ポリシーを呼び出します。
    • ポリシーラベル。バンクのポリシーラベルで識別される、別のポリシーバンクを呼び出します。
  • 呼び出し名。[呼び出しタイプ]に指定した値に応じて、仮想サーバーまたはポリシー・ラベルの名前。