Citrix ADC

トラフィックレートポリシーの設定とバインド

レートベースのアプリケーションの動作を実装するには、適切なCitrix ADC機能でポリシーを構成します。機能は、デフォルトの構文ポリシーをサポートする必要があります。この機能がトラフィックレートを分析できるようにするには、ポリシー式に次の式プレフィクスが含まれている必要があります。

sys.check_limit(<limit_identifier>)

ここで、limit_identifier は制限識別子の名前です。

ポリシー式は、少なくとも 2 つのコンポーネントを含む複合式である必要があります。

  • レート制限 ID が適用されるトラフィックを識別する式。例:
    http.req.url.contains("my_aspx.aspx").
  • レート制限識別子を識別する式。たとえば、sys.check_limit (「my_limit_identifier」)。これは、ポリシー式の最後の式である必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してレートに基づくポリシーを構成するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、レートベースのポリシーを構成し、構成を確認します。

add cache|dns|rewrite|responder policy <policy_name> -rule expression && sys.check_limit("<LimitIdentifierName>") [<feature-specific information>]

次に、レートベースのポリシー規則の完全な例を示します。この例では、ポリシーに関連付けられているレスポンダーアクション send_direct_url が設定されていることを前提としています。sys.check_limit パラメータは、ポリシー式の最後の要素である必要があります。

add responder policy responder_threshold_policy "http.req.url.contains("myindex.html") && sys.check_limit("my_limit_identifier")" send_direct_url

ポリシーのグローバルまたは仮想サーバへのバインドについては、「デフォルトの構文ポリシーのバインド」を参照してください。

構成ユーティリティを使用してレートベースのポリシーを構成するには

  1. ナビゲーションウィンドウで、ポリシーを構成する機能 (統合キャッシュ、書き換え、レスポンダーなど) を展開し、[ポリシー] をクリックします。

  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。[名前] に、ポリシーの一意の名前を入力します。

  3. [式] で、ポリシールールを入力し、式の最終コンポーネントとして sys.check_limit パラメータが含まれていることを確認します。例:

    http.req.url.contains("my_aspx.aspx") && sys.check_limit("my_limit_identifier")
    
  4. ポリシーに関する機能固有の情報を入力します。

    たとえば、ポリシーをアクションまたはプロファイルに関連付ける必要がある場合があります。詳細については、機能固有のマニュアルを参照してください。

  5. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

  6. [保存] をクリックします。

トラフィックレートポリシーの設定とバインド