Citrix ADC

レスポンダの直径サポート

レスポンダー機能で Diameter プロトコルがサポートされるようになりました。応答側は、HTTP および TCP 要求と同様に Diameter 要求に応答するように設定できます。たとえば、特定の Diameter オリジンからの要求に応答するように Responder を構成し、モバイルデバイス用に拡張された Web ページへのリダイレクトを設定できます。Diameterヘッダーと属性値ペア(AVP)の検査をサポートする多数のCitrix ADC式が追加されました。これらの式は、インデックス、ID、または名前による特定の AVP のルックアップをサポートし、各 AVP の情報を調べ、適切な応答を送信します。

Diameter 要求に応答するようにレスポンダーを構成するには、次の手順に従います。

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

  • add responder action <actname> RESPONDWITH "DIAMETER.NEW_REDIRECT(\"aaa://host.example.com\")"

    <actname>には、新しいアクションの名前を置き換えます。名前は、1 ~ 127 文字の長さで構成され、文字、数字、およびハイフン (-) およびアンダースコア (_) 記号を使用できます。aaa://host.example.comには、接続をリダイレクトするDiameterホストの URL を代入します。

  • add responder policy <polname> “diameter.req.avp(264).value.eq(“host1.example.net”)” <actname>

    <polname>では、新しいポリシーの名前に置き換えます。<actname>と同様に、名前は 1 ~ 127 文字の長さで構成され、文字、数字、ハイフン (-) およびアンダースコア (_) 記号を含めることができます。host1.example.net の場合は、リダイレクトする要求の発信元ホストの名前を置き換えます。<actname>には、作成したアクションの名前を置き換えます。

  • bind lb vserver <vservername> -policyName <polname> -priority <priority> -type REQUEST

    <vservername>には、ポリシーをバインドする負荷分散仮想サーバの名前を置き換えます。<polname>には、作成したポリシーの名前を置き換えます。<priority>では、ポリシーの優先度を置き換えます。

例:

「host1.example.net」から発信された Diameter 要求に応答するレスポンダーアクションとポリシーを作成して、「host.example.com」にリダイレクトするには、次のアクションとポリシーを追加し、図のようにポリシーをバインドします。

> add responder action act_resp-dm-redirect RESPONDWITH "DIAMETER.NEW_REDIRECT("aaa://host.example.com")"
Done

> add responder pol_resp-dm-redirect "diameter.req.avp(264).value.eq("host1.example.net")" act_resp-dm-redirect
Done

> bind lb vserver vs1 -policyName pol_resp-dm-redirect -priority 10 -type REQUEST
Done

レスポンダの直径サポート