Citrix ADC

レスポンダー機能に対する DNS サポート

応答側機能は、HTTP および TCP 要求と同様に DNS 要求に応答するように設定できます。たとえば、UDP 経由で DNS 応答を送信するように設定し、クライアントからの DNS 要求が TCP 経由で送信されるように設定できます。多くのCitrix ADC式は、リクエスト内のDNSヘッダーの検査をサポートしています。これらの式は、特定のヘッダーフィールドを調べ、適切な応答を送信します。

  • DNS 式。レスポンダー構成では、次の Citrix ADC 式を使用して、DNS 要求のさまざまな部分を参照できます。

    説明
    DNS.NEW_RESPONSE 要求に基づいて、新しい空の DNS 応答を作成します。
    DNS.NEW_RESPONSE <AA, TC, rcode> 指定されたパラメータに基づいて新しい DNS 応答を作成します。
  • DNS バインドポイント。DNS 式を含むポリシーでは、次のグローバルバインドポイントを使用できます。

    バインドポイント 説明
    DNS_REQ_OVERRIDE 優先度/優先要求ポリシーキュー。
    DNS_REQ_DEFAULT 標準要求ポリシーキュー。

    デフォルトのバインドポイントに加えて、タイプ DNS のポリシーラベルを作成し、それらに DNS ポリシーをバインドできます。

DNS のレスポンダーポリシーの構成

以下の手順では、Citrix ADCコマンドラインを使用してレスポンダーのアクションとポリシーを構成し、レスポンダー固有のグローバルバインドポイントにポリシーをバインドします。

DNS 要求に応答するようにレスポンダーを構成するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

  1. add responder action <actName> <actType>

    <actname>には、新しいアクションの名前を置き換えます。名前の長さは 1 ~ 127 文字で、文字、数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_) を使用できます。<actType>には、レスポンダアクションタイプ respondWithを置き換えます。

  2. add responder policy <polName> <rule> <actName>

    <polname>では、新しいポリシーの名前に置き換えます。<actname>では、名前は 1 ~ 127 文字で、文字、数字、ハイフン(-)、およびアンダースコア(_)を使用できます。<actname>には、作成したアクションの名前を置き換えます。

  3. bind responder policy <polName> <priority> <nextExpr> -type <bindPoint>

    <bindPoint>には、応答側固有のグローバルバインドポイントの 1 つを指定します。<polName>には、作成したポリシーの名前を置き換えます。<priority>に、ポリシーのプライオリティを指定します。

設定例-TCP 経由ですべての DNS 要求を強制します。

TCP 経由ですべての DNS 要求を適用するには、TC ビットと rcode を NOERROR として設定するレスポンダーアクションを作成します。

> add responder action resp_act_set_tc_bit respondwith DNS.NEW_RESPONSE(true, true, NOERROR)
Done

> add responder policy enforce_tcp  dns.REQ.TRANSPORT.EQ(udp)  resp_act_set_tc_bit
Done

>bind lb vserver dns_udp –policyName  enforce_tcp   -type request –priority 100
Done

レスポンダー機能に対する DNS サポート