Citrix ADC

安全性チェックのバイパス

リライトアクションを作成すると、アクションの作成に使用した式が安全であるかどうかがCitrix ADCによって検証されます。HTTP リクエストに含まれるURLなどのランタイムデータからCitrix ADCによって作成された式は、予期しないエラーを引き起こす可能性があります。Citrix ADCは、安全でない式などのエラーを引き起こす式を報告します。

場合によっては、式が安全である可能性があります。たとえば、Citrix ADCは、Webサーバーが一時的に利用できないためにURLが解決されない場合でも、解決されないURLを含む式を検証できません。安全性チェックを手動でバイパスして、これらの式を許可することができます。

コマンドラインインターフェイスを使用して安全性チェックをバイパスするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、安全性チェックをバイパスし、構成を確認します。

  • <set rewrite action <name> -bypassSafetyCheck YES
  • <show rewrite action <name>

:


> set rewrite action insertact -bypassSafetyCheck YES
 Done
> show rewrite action insertact

        Name: insertact
        Operation: insert_http_header   Target:Client-IP
        Value:CLIENT.IP.SRC
        BypassSafetyCheck : YES
        Hits: 0
        Undef Hits: 0
        Action Reference Count: 2
 Done

構成ユーティリティを使用して安全性チェックをバイパスするには

  1. AppExpert > リライト > アクションに移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、安全チェックから除外する書き換え操作を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [書き換えアクションを設定] ダイアログボックスで、[安全チェックをバイパス する] チェックボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。

安全性チェックのバイパス