Citrix ADC

URL 変換ポリシーのグローバルバインディング

URL 変換ポリシーを設定したら、それらをグローバルまたはバインドポイントにバインドして有効にします。バインド後、URL 変換ポリシーに一致する要求または応答は、そのポリシーに関連付けられたプロファイルによって変換されます。

ポリシーをバインドするときは、そのポリシーに優先度を割り当てます。優先順位によって、定義したポリシーが評価される順序が決まります。プライオリティは任意の正の整数に設定できます。Citrix ADC OSでは、ポリシーの優先順位は逆の順序で機能します。値が大きいほど、優先順位は低くなります。

URL 変換機能では、要求が一致する最初のポリシーだけが実装され、一致する可能性のある追加のポリシーは実装されないため、意図した結果を得るにはポリシーの優先順位が重要です。最初のポリシーに低い優先度(1000など)を設定した場合、より高い優先度を持つ他のポリシーが要求と一致しない場合にのみ、Citrix ADCにポリシーを実行するように指示します。最初のポリシーに高い優先度(1など)を指定した場合は、Citrix ADCに最初にそのポリシーを実行するように指示し、一致するその他のポリシーもスキップします。ポリシーをグローバルにバインドするときに、各ポリシー間に50または100の間隔で優先順位を設定することで、優先順位を再割り当てすることなく、他のポリシーを任意の順序で追加できる十分な余裕を残すことができます。

注:URL 変換ポリシーは、TCP ベースの仮想サーバーにバインドできません。

Citrix ADC コマンドラインを使用して URL 変換ポリシーをバインドするには

Citrix ADCコマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、URL変換ポリシーをグローバルにバインドし、構成を確認します。

  • bind transform global <policyName> <priority>
  • show transform global

:


> bind transform global polisearching 100
 Done
> show transform global
1)      Policy Name: polisearching
        Priority: 100

 Done

構成ユーティリティを使用して URL 変換ポリシーをバインドするには

  1. ナビゲーションウィンドウで、[書き換え] を展開し、[URL 変換] を展開し、[**ポリシー] をクリックします。
  2. 詳細ペインで、[ポリシーマネージャ] をクリックします。
  3. [Transform Policy Manager] ダイアログボックスで、ポリシー**をバインドするバインドポイントを選択します。選択肢は次のとおりです。
    • [グローバルをオーバーライド]。このバインドポイントにバインドされたポリシーは、Citrix ADCアプライアンスのすべてのインターフェイスからのすべてのトラフィックを処理し、他のポリシーの前に適用されます。
    • LB 仮想サーバー。負荷分散仮想サーバーにバインドされたポリシーは、その負荷分散仮想サーバーによって処理されるトラフィックにのみ適用され、Default Global ポリシーの前に適用されます。[LB Virtual Server] を選択した後、このポリシーをバインドする特定の負荷分散仮想サーバーも選択する必要があります。
    • CS 仮想サーバ。コンテンツスイッチ仮想サーバーにバインドされたポリシーは、そのコンテンツスイッチ仮想サーバーによって処理されるトラフィックにのみ適用され、デフォルトグローバルポリシーの前に適用されます。[CS Virtual Server] を選択した後、このポリシーをバインドする特定のコンテンツスイッチ仮想サーバーも選択する必要があります。
    • デフォルトグローバル。このバインドポイントにバインドされたポリシーは、Citrix ADCアプライアンスのすべてのインターフェイスからのすべてのトラフィックを処理します。
    • ポリシーラベル。ポリシーラベルにバインドされたポリシーは、ポリシーラベルがルーティングするトラフィックを処理します。ポリシーラベルは、このトラフィックにポリシーを適用する順序を制御します。
  4. [Insert Policy] を選択して新しい行を挿入し、使用可能なバインドされていない URL 変換ポリシーをすべて含むドロップダウンリストを表示します。
  5. バインドするポリシーを選択するか、[New Policy] を選択して新しいポリシーを作成します。選択または作成したポリシーが、グローバルにバインドされた URL 変換ポリシーのリストに挿入されます。
  6. バインドに追加の調整を行います。
    • ポリシーの優先度を変更するには、フィールドをクリックして有効にし、新しい優先度を入力します。[優先度を再生成] を選択して、優先度の番号を均等に変更することもできます。
    • ポリシー式を変更するには、そのフィールドをダブルクリックして [Configure Transform Policy] ダイアログボックスを開き、ポリシー式を編集できます。
    • [式に移動] を設定するには、[式を移動] 列見出しのフィールドをダブルクリックしてドロップダウンリストを表示し、式を選択できます。
    • 「呼び出し」オプションを設定するには、「呼び出し」列見出しのフィールドをダブルクリックしてドロップダウンリストを表示し、式を選択できます。
  7. ステップ 3 ~ 6 を繰り返して、グローバルにバインドする URL 変換ポリシーを追加します。
  8. [OK] をクリックして変更を保存します。ポリシーが正常に構成されたことを示すメッセージがステータスバーに表示されます。

URL 変換ポリシーのグローバルバインディング