Citrix ADC

変数

変数は、トークンの形式で情報を格納する名前付きオブジェクトです。これらのトークンは、内部計算とポリシー処理のために、Citrix ADCアプライアンス上の異なるトランザクション内およびトランザクション間で使用されます。

Citrix ADCアプライアンスは、次のタイプの変数の作成をサポートしています。

  • シングルトン変数。ulong および text (最大サイズ) のいずれかの型の値を指定できます。ulong 型は符号なし 64 ビット整数で、テキスト型はバイトのシーケンス、max-size はシーケンスの最大バイト数です。

  • 変数をマップします。マップはキーに関連付けられた値を保持します。各キーと値のペアはマップエントリと呼ばれます。各エントリのキーは、マップ内で一意です。マップは次のように指定されます。

    マップ (キーの種類、値の種類、最大値)。

    ここで、

    • key_type は、キーのデータ型です。これは、タイプテキスト(最大サイズ)です。

    • value_type は、マップの値のデータ型です。これは、タイプがulongまたはテキスト(最大サイズ)であってもよい。

    • max-values は、マップに含めることができるエントリの最大数です。それはタイプulongです。

これらの変数の値は、ポリシーアクションで呼び出される必要がある割り当てを使用して設定されます。

: 変数は、高可用性セットアップまたはクラスターではまだサポートされていません。

変数のスコープ

マップ変数またはシングルトン変数は、グローバルスコープを持つことができます。また、シングルトン変数のスコープを 1 つのトランザクションに制限することもできます。

  • グローバルスコープ変数-グローバルスコー プの変数(デフォルト)は1つのインスタンスしか持たず、そのインスタンスはCitrix ADCアプライアンスのすべてのコアおよびクラスタまたはHA構成のすべてのノードで同じ値を持ちます。グローバル変数の値は、明示的に削除されるまで、有効期限が切れるまで、またはスタンドアロンアプライアンスが再起動されるか、クラスタまたはHA構成のすべてのノードが再起動されるまで存在します。
  • トランザクションスコープ変数 -トランザクションスコープを持つ変数は、Citrix ADCアプライアンスによって処理されるトランザクションごとに、独自の値を持つ個別のインスタンスを持ちます。トランザクション処理が完了すると、トランザクション変数の値が削除されます。

:トランザクションスコープ変数は、Citrix ADCリリース10.5.e以降で使用できます。

変数