Citrix ADC

トレースログ

トレース・ログを記録するには、次の手順に従います。

  1. プロファイルのトレースを有効にします。show コマンドを使用して、設定された設定を確認できます。

set appfw profile <profile> -trace ON

  1. トレースの収集を開始します。nstrace コマンドに適用可能なすべてのオプションを引き続き使用できます。

start nstrace -mode APPFW

  1. トレースの収集を停止する

stop nstrace

トレースの場所:nstrace は、 /var/nstrace ディレクトリに作成されるタイムスタンプ付きフォルダに格納され、wireshark を使用して表示できます。/var/log/ns.logを末尾に付けて、新しいトレースの場所に関する詳細を提供するログメッセージを表示できます。

トレースログの利点:

  • 特定のプロファイルのトラフィックを分離
  • 特定のリクエストのデータを収集する
  • リセットまたは中止の識別
  • 復号化された SSL トラフィックの表示:HTTPS トラフィックはプレーンテキストでキャプチャされ、トラブルシューティングが容易になります。
  • 包括的なビューを提供します。パケットレベルでの要求全体の表示、ペイロードの確認、ログの表示によるセキュリティチェック違反の確認、およびペイロード内の一致パターンの識別が可能です。ペイロードが予期しないデータ、ジャンク文字列、または印刷不可能な文字(ヌル文字、rまたはnなど)で構成されている場合、トレース内で簡単に検出できます。
  • 応答時間の短縮:ターゲットトラフィックのデバッグを高速化し、根本原因分析を行います。

トレースログ