Citrix ADC

高可用性の展開とビルドのアップグレードにおける署名の更新

シグニチャの更新は、プライマリノードで行われます。1 次ノードでシグニチャが更新される間、更新されたファイルは並行して 2 次ノードと同時に同期されます。

デフォルトシグニチャは常に最初に更新され、次に残りのユーザ定義シグニチャが更新されます。

Amazon AWS への接続

デフォルトのルート NSIP は、Amazon AWS への接続に使用されます。SNIP が使用される特定のユースケースのシナリオがあり、複数の SNIP が存在する場合、ホスティングサイトから ARP 応答を受信した最初のシナリオがルートを保持します。

バージョンアップグレード中の署名の更新

アップグレードの場合、NSにシグニチャの古いベースバージョンがある場合、*新しいシグニチャバージョンが利用可能になると、デフォルトシグニチャが自動的に更新されます。

スキーマが変更された場合、バージョンのアップグレード時に、すべてのシグニチャオブジェクトのスキーマバージョンが更新されます。

ただし、ユーザ定義シグニチャのベースバージョンでは、リリース 10.5 とリリース 11.0 の動作が異なります。

リリース 10.5 では、デフォルトのシグニチャのみが更新され、残りのシグニチャのベースバージョンはビルドのアップグレード後も変更されません。

リリース 11.0 では、この動作が変更されました。アプライアンスをアップグレードして新しいビルドをインストールすると、*Default 署名オブジェクトだけでなく、アプライアンス内に現在存在するその他のユーザー定義署名もすべて更新され、ビルドのアップグレード後も同じバージョンになります。

10.5 および 11.0 リリースビルドの両方で、自動更新が設定されている場合、*Default Signatures とゼロ以外のバージョンのシグニチャはすべて最新リリースされたシグニチャバージョンに自動的に更新され、同じベースバージョンになります。

高可用性の展開とビルドのアップグレードにおける署名の更新