Citrix ADC

キャッシュリダイレクト仮想サーバーをバックアップする

プライマリ仮想サーバーに障害が発生した場合、または過剰なトラフィックを処理できない場合、キャッシュのリダイレクトが失敗することがあります。プライマリ仮想サーバに障害が発生したときにトラフィックの処理を引き継ぐバックアップ仮想サーバを指定できます。

バックアップキャッシュリダイレクト仮想サーバーを指定するには、backupVServer パラメーターを使用して、バックアップ仮想サーバーを指定します。最大長さ:127

CLI を使用したバックアップキャッシュリダイレクト仮想サーバの指定

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、バックアップキャッシュリダイレクト仮想サーバーを指定し、構成を確認します。

-  set cr vserver <name> [-backupVServer <string>]
-  show cr vserver <name>

例:

> set cr vserver Vserver-CRD-1 -backupVServer Vserver-CRD-2
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: CACHE  L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF
        Backup: Vserver-CRD-2

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done

GUI を使用したバックアップキャッシュリダイレクト仮想サーバの指定

  1. [トラフィック管理] > [キャッシュリダイレクト] > [実際のサーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、ポリシーヒットの宛先を変更する仮想サーバー ( Vserver-CRD-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (キャッシュリダイレクト)] ダイアログボックスで、[詳細設定] タブを選択します。
  4. [仮想サーバーのバックアップ] ドロップダウンリストで、仮想サーバーを選択します。
  5. [OK] をクリックします。

キャッシュリダイレクト仮想サーバーをバックアップする