Citrix ADC

キャッシュのリダイレクト仮想サーバーを有効または無効にする

キャッシュリダイレクト仮想サーバーを作成すると、デフォルトで有効になります。キャッシュのリダイレクト仮想サーバーを無効にすると、その状態が OUT OF SERVICE に変わり、キャッシュ可能なクライアント要求のリダイレクトが停止します。ただし、Citrix ADCアプライアンスは、この仮想サーバーのIPアドレスに対するARPおよびPING要求に応答し続けます。

CLI を使用してキャッシュリダイレクト仮想サーバーを有効または無効にする

コマンドラインで、次のいずれかのコマンドを入力します。

-  enable cr vserver <name>
-  show cr vserver <name>
-  disable cr vserver <name>
-  show cr vserver <name>

例:

> enable cr vserver Vserver-CRD-1
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: ORIGIN L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done
>

> disable cr vserver Vserver-CRD-1
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: OUT OF SERVICE  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: ORIGIN L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done
>

GUI を使用してキャッシュリダイレクト仮想サーバーを有効または無効にする

  1. [トラフィック管理] > [キャッシュリダイレクト] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. ナビゲーションウィンドウで、[キャッシュリダイレクト] を展開し、[仮想サーバー] をクリックします。
  3. 詳細ウィンドウで、有効または無効にする仮想サーバー (たとえば、 Vserver-CRD-1) を選択し、[統計] をクリックします。
  4. [続行] ダイアログボックスで、[はい] をクリックします。

キャッシュのリダイレクト仮想サーバーを有効または無効にする