Citrix ADC

仮想サーバーのクライアント接続の管理

キャッシュのリダイレクト仮想サーバーでタイムアウトを構成して、クライアント接続を無期限に開いたままにしないようにすることができます。また、Via ヘッダーをリクエストに挿入することもできます。ネットワークの輻輳を減らすために、開いている TCP 接続を再利用することができます。キャッシュリダイレクト仮想サーバー接続の遅延クリーンアップを有効または無効にできます。

設定に従って、PING 要求に ICMP 応答を送信するようにアプライアンスを設定できます。仮想サーバに対応する IP アドレスで、ICMP 応答を VSVR_CNTRLD に設定し、仮想サーバ上で ICMP VSERVER 応答を設定します。

仮想サーバーでは、次の設定を行うことができます。

  • すべての仮想サーバーで ICMP VSERVER RESPONSE を PASSIVE に設定すると、アプライアンスは常に応答します。
  • すべての仮想サーバで ICMP VSERVER RESPONSE を ACTIVE に設定すると、アプライアンスは 1 つの仮想サーバがUPでも応答します。
  • ICMP VSERVER RESPONSE を一部で ACTIVE に設定し、他のサーバで PASSIVE に設定した場合、アプライアンスは ACTIVE に設定された 1 つの仮想サーバがUPでも応答します。

このドキュメントでは、次の内容について説明します。

  • クライアントタイムアウトの構成

  • リクエストにViaヘッダーを挿入する

  • TCP 接続を再利用する

  • 遅延接続クリーンアップの構成

クライアントタイムアウトの構成

キャッシュのリダイレクト仮想サーバーのタイムアウト値を設定することで、クライアント要求の有効期限を指定できます。タイムアウト値は、キャッシュリダイレクション仮想サーバがクライアント要求に対する応答を受信するまで待機する秒数です。

タイムアウト値を構成するには、cltTimeoutパラメーターを使用します。cltTimeoutパラメーターは、Citrix ADCアプライアンスがアイドル状態のクライアント接続を閉じるまでの時間を秒単位で指定します。デフォルト値は、HTTP/SSL ベースのサービスの場合は180秒、TCP ベースのサービスでは9000秒です。

CLI を使用したクライアントのタイムアウトの設定

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、クライアントタイムアウトを構成し、構成を確認します。

-  set cr vserver <name> [-cltTimeout <secs>]
-  show cr vserver <name>

例:

> set cr vserver Vserver-CRD-1 -cltTimeout 6000
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 6000 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: CACHE  L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF
        Backup: Vserver-CRD-2

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done

GUI を使用したクライアントのタイムアウトの構成

  1. [トラフィック管理] > [キャッシュリダイレクト] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、クライアントタイムアウトを構成する仮想サーバー ( Vserver-CRD-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (キャッシュリダイレクト)] ダイアログボックスで、[詳細設定] タブを選択します。
  4. [クライアントタイムアウト (秒)] テキストボックスに、タイムアウト値を秒単位で入力します。
  5. [OK] をクリックします。

リクエストにViaヘッダーを挿入する

Viaヘッダーは、要求または応答の開始点と終了点の間のプロトコルと受信者をリストし、要求が送信されたプロキシのサーバーに通知します。各 HTTP 要求に Via ヘッダーを挿入するように、キャッシュリダイレクション仮想サーバーを構成できます。via パラメーターは、キャッシュリダイレクト仮想サーバーを作成するときにデフォルトで有効になります。

クライアント要求での Via ヘッダー挿入を有効または無効にするには、via パラメーターを使用します。このパラメーターは、HTTP 要求に Via ヘッダーを挿入する際のシステムの状態を指定します。

設定可能な値:オン、オフ

デフォルト値:オン

CLI を使用して、クライアント要求での Via ヘッダー挿入を有効または無効にする

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  set cr vserver <name> [-via (ON|OFF)]
-  show cr vserver <name>

例:

> set cr vserver Vserver-CRD-1 -via ON
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 6000 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: CACHE  L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF
        Backup: Vserver-CRD-2

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done
>

GUI を使用してクライアント要求での Via ヘッダー挿入を有効または無効にする

  1. [トラフィック管理] > [キャッシュリダイレクト] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、クライアントタイムアウトを構成する仮想サーバー ( Vserver-CRD-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (キャッシュリダイレクト)] ダイアログボックスで、[詳細設定] タブを選択します。
  4. [ビア] チェックボックスをオンにします。
  5. [OK] をクリックします。

TCP 接続を再利用する

クライアント接続間でキャッシュサーバーとオリジンサーバーへのTCP接続を再利用するように、Citrix ADCアプライアンスを構成できます。これにより、サーバとアプライアンス間のセッションを確立するために必要な時間が節約され、パフォーマンスが向上します。キャッシュのリダイレクト仮想サーバーを作成すると、再利用オプションがデフォルトで有効になります。

TCP 接続の再利用を有効または無効にするには、reuse パラメーターを使用します。このパラメーターは、クライアント接続間でキャッシュまたはオリジンサーバーへの TCP 接続の再利用の状態を指定します。

設定可能な値:オン、オフ

デフォルト値:オン

CLI を使用した TCP 接続の再利用の有効化または無効化

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  set cr vserver <name> [-reuse (ON|OFF)]  
-  show cr vserver <name>  

例:

> set cr vserver Vserver-CRD-1 -reuse ON
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 6000 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: CACHE  L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF
        Backup: Vserver-CRD-2

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done

GUI を使用して TCP 接続の再利用を有効または無効にする

  1. [トラフィック管理] > [キャッシュリダイレクト] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、クライアントタイムアウトを構成する仮想サーバー ( Vserver-CRD-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (キャッシュリダイレクト)] ダイアログボックスで、[詳細設定] タブを選択します。
  4. [再利用] チェックボックスをオンにします。
  5. [OK] をクリックします。

遅延接続クリーンアップの構成

ダウン状態のフラッシュオプションは、キャッシュリダイレクト仮想サーバー上の接続の遅延クリーンアップを実行します。キャッシュのリダイレクト仮想サーバーを作成すると、ダウン状態のフラッシュオプションがデフォルトで有効になります。

ダウン状態のフラッシュオプションを有効または無効にするには、downStateFlush パラメータを設定します。

設定可能な値:ENABLED, DISABLED

デフォルト値:ENABLED

CLI を使用したダウン状態のフラッシュオプションの無効化

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、遅延接続のクリーンアップを構成し、構成を確認します。

-  set cr vserver <name> [-downStateFlush (ENABLED | DISABLED)]
-  show cr vserver <name>

例:

> set cr vserver Vserver-CRD-1 -downStateFlush ENABLED
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 6000 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: CACHE  L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF
        Backup: Vserver-CRD-2

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done

GUI を使用して TCP 接続の再利用を有効または無効にする

  1. [トラフィック管理] > [キャッシュリダイレクト] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、クライアントタイムアウトを構成する仮想サーバー ( Vserver-CRD-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (キャッシュリダイレクト)] ダイアログボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。
  4. [ダウン状態のフラッシュ] チェックボックスをオンにします。
  5. [OK] をクリックします。

仮想サーバーのクライアント接続の管理