キャッシュのリダイレクト

Citrix ADCアプライアンスへのポート範囲の割り当て

クライアントIPアドレスを共有すると競合が発生し、ルーター、キャッシュサーバー、オリジンサーバー、その他のCitrix ADCアプライアンスなどのネットワークデバイスが、アプライアンス、つまり応答の送信先クライアントを特定できなくなる場合があります。

この問題を解決するには、Citrix ADCアプライアンスにソースポート範囲を割り当てます。この割り当てにより、ネットワークデバイスは、要求を送信したCitrix ADCアプライアンスを明確に識別できます。

CLI を使用して送信元ポート範囲をCitrix ADCアプライアンスに割り当てる

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set ns param -crPortRange <startPortNumber-endPortNumber>

アプライアンスGUIを使用してソースポート範囲をCitrix ADCアプライアンスに割り当てる

  1. ナビゲーションウィンドウで、[システム] をクリックし、[設定] をクリックします。
  2. [設定] グループで、[グローバルシステム設定の変更] リンクをクリックします。
  3. [キャッシュリダイレクトポート範囲] グループで、[開始ポート] にポート番号、[終了ポート] にポート番号を入力して、アプライアンスのポート範囲を指定します。
  4. [OK] をクリックします。
Citrix ADCアプライアンスへのポート範囲の割り当て