Citrix ADC

下位層のCitrix ADCアプライアンスの構成

各下位層のCitrix ADCアプライアンスを次のように構成します。

CLI を使用して n 層キャッシュリダイレクト用の下位層アプライアンスを構成する

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

  • add service <name>@ <cacheServiceIP> <serviceType> <port> -cip ENABLED "ClientIP" –cachetype transparent

    各キャッシュサーバーに対して、を繰り返します。

  • add lb vserver <name>@ <serviceType> -m MAC

  • bind lb vserver <name>@ <cacheServiceName>

    各キャッシュサーバーに対して、を繰り返します。

  • add cr vserver <name> <serviceType> * <port> -srcIPExpr "HTTP.REQ.HEADER("ClientIP")" -originusip ON –usePortRange ON

  • set ns param-crPortRange <startPortNumber-endPortNumber>

GUI を使用して n 層キャッシュリダイレクト用の下位層アプライアンスを構成する

  1. キャッシュサーバーごとにサービスを作成します。サービスを作成するには、次の手順に従います。
    1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動します。
    2. 詳細ウィンドウで [追加] をクリックし、名前とプロトコルを指定します。[直接アドレス指定可能] チェックボックスをオフにします。
    3. [詳細設定] タブで、[グローバル上書き] チェックボックスと [クライアント IP] チェックボックスをオンにし、[ヘッダー] ボックスに「ClientIP」と入力します。
    4. [キャッシュタイプ] ボックスで、[透過キャッシュ] を選択します。
    5. [作成] をクリックします。
  2. 負荷分散仮想サーバーを構成します。
    1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サービス] に移動します。
    2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックし、名前、プロトコル、IP アドレス、およびポートを指定します。IP アドレスはアスタリスク (*) である必要があります。
    3. [サービス] タブで、キャッシュサーバーを表すサービスを選択します。
    4. [詳細設定] タブの [リダイレクションモード] で、[MAC ベース] を選択します。
    5. [作成] をクリックします。
  3. キャッシュリダイレクト仮想サーバーを構成します。
    1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サービス] に移動します。
    2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックし、名前、プロトコル、IP アドレス、およびポートを指定します。IP アドレスは* である必要があります。
    3. [キャッシュタイプ] で、[透明] を選択します。
    4. [詳細設定] タブの [キャッシュサーバー] ボックスで、新しい負荷分散仮想サーバーを選択し、[Origin USIP] および [ポート範囲を使用] チェックボックスをオンにします。[ソース IP 式] ボックスで、HTTP.REQ.HEADER (「クライアント IP」) と入力します。
    5. [作成] をクリックします。
  4. アプライアンスの送信元ポート範囲を割り当てます。
    1. ナビゲーションウィンドウで、[システム] をクリックし、[設定] をクリックします。
    2. [設定] グループで、[グローバルシステム設定の変更] リンクをクリックします。
    3. [キャッシュリダイレクトポート範囲] グループで、[開始ポート] にポート番号、[終了ポート] にポート番号を入力して、アプライアンスのポート範囲を指定します。
    4. [OK] をクリックします。

下位層のCitrix ADCアプライアンスの構成