Citrix ADC

キャッシュ用の負荷分散仮想サーバーの構成

使用するキャッシュサーバーのタイプごとに、負荷分散仮想サーバーと HTTP サービスを作成します。たとえば、あるキャッシュサーバーの JPEG ファイルと、別のキャッシュサーバーの GIF ファイルを提供し、残りのコンテンツに 3 つ目のキャッシュサーバーを使用する場合は、3 つのタイプのキャッシュサーバーごとに HTTP サービスと仮想サーバーを作成します。次に、各サービスをそれぞれの仮想サーバーにバインドします。

負荷分散仮想サーバの作成方法の詳細については、負荷分散仮想サーバーの作成を参照してください。

キャッシュサーバを表すサービスの設定方法の詳細については、HTTP サービスを構成するを参照してください。

サービスを仮想サーバにバインドする方法の詳細については、負荷分散仮想サーバーに対するサービスのバインド/バインド解除を参照してください。

透過プロキシキャッシュリダイレクションサーバの作成方法の詳細についてはキャッシュリダイレクト仮想サーバーの構成を参照し、「TRANSPARENT」タイプの仮想サーバを作成します。

組み込みのキャッシュリダイレクションポリシーをキャッシュリダイレクション仮想サーバにバインドする方法については、キャッシュ・リダイレクト仮想サーバーにポリシーをバインドするを参照してください。

特定の種類のコンテンツに対してキャッシュリダイレクトポリシーを構成する

.gif 拡張子または.jpeg 拡張子を含む要求をキャッシュ可能として識別するには、キャッシュリダイレクトポリシーを構成し、キャッシュリダイレクション仮想サーバーにバインドします。

注: リクエストがポリシーと一致する場合、Citrix ADCアプライアンスはリクエストをオリジンサーバーに転送します。その結果、次の手順では、拡張子が「.gif」または「.jpeg」 でない 要求を照合するようにポリシーを設定します。

特定の種類のコンテンツに対してキャッシュリダイレクトを構成するには、キャッシュリダイレクションポリシーを構成するの説明に従って、単純な式を使用するポリシーを構成します。

キャッシュ用の負荷分散仮想サーバーの構成