Citrix ADC

コンテンツスイッチングのポリシーを構成する

あるキャッシュサーバーまたはファームでキャッシュされる特定の種類のコンテンツを識別し、別のキャッシュサーバーまたはファームからサービスを提供する他の種類のコンテンツを識別するコンテンツスイッチポリシーを作成する必要があります。たとえば、拡張子が.gif および.jpeg のイメージファイルの場所を決定するポリシーを構成できます。

コンテンツスイッチングポリシーを定義したら、それをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドし、負荷分散仮想サーバーを指定します。ポリシーに一致する要求は、名前付き負荷分散仮想サーバに転送されます。コンテンツスイッチングポリシーに一致しない要求は、キャッシュの既定の負荷分散仮想サーバーに転送されます。

コンテンツスイッチ機能およびコンテンツスイッチングポリシーの設定の詳細については、コンテンツの切り替えを参照してください。

コンテンツスイッチングポリシーを作成してから、キャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドする必要があります。

コマンド CLI を使用してコンテンツスイッチングポリシーを作成する

コマンドラインで、次を入力します:。

-  add cs policy <policyName> [-url <string> | -rule <expression>]
-  show cs policy [<policyName>]

例:

> add cs policy Policy-CS-JPEG -rule "REQ.HTTP.URL == '/\*.jpeg'"
 Done
> show cs policy Policy-CS-JPEG
         Rule: REQ.HTTP.URL == '/\*.jpeg'         Policy: Policy-CS-JPEG
         Hits: 0
 Done
>

> add cs policy Policy-CS-GIF -rule "REQ.HTTP.URL == '/ *.gif'"
 Done
> show cs policy Policy-CS-GIF
         Rule: REQ.HTTP.URL == '/ *.gif'         Policy: Policy-CS-GIF
         Hits: 0
 Done
>

> add cs policy Policy-CS-JPEG-URL -url /\*.jpg
 Done
> show cs policy Policy-CS-JPEG-URL
         URL: /\*.jpg     Policy: Policy-CS-JPEG-URL
         Hits: 0
 Done
>

> add cs policy Policy-CS-GIF-URL -url /\*.gif
 Done
> show cs policy Policy-CS-GIF-URL
         URL: /\*.gif     Policy: Policy-CS-GIF-URL
         Hits: 0
 Done

GUI を使用して URL ベースのコンテンツスイッチングポリシーを作成する

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツの切り替え] > [ポリシー]に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [コンテンツスイッチングポリシーの作成] ダイアログボックスの [名前] テキストボックスに、ポリシーの名前を入力します。
  4. [URL] ラジオボタンを選択します。
  5. 「値」テキストボックスに、文字列値( /sportsなど)を入力します。
  6. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。作成したポリシーが [コンテンツスイッチングポリシー] ページに表示されます。

GUI を使用したルールベースのコンテンツスイッチングポリシーの作成

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツの切り替え] > [ポリシー]に移動します。

  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。

  3. [コンテンツスイッチングポリシーの作成] ダイアログボックスの [名前] テキストボックスに、ポリシーの名前を入力します。

  4. [式] ラジオボタンを選択し、[構成] をクリックします。

  5. [式を作成] ダイアログボックスで、使用する式の構文を選択します。

    • デフォルトの構文を使用する場合は、デフォルトを受け入れ、次の手順に進みます。
    • 従来の構文を使用する場合は、[クラシック構文に切り替える] をクリックします。

    ダイアログボックスの [式] 部分が、選択した内容に合わせて変更されます。デフォルトの構文式ビューでは、従来の構文式ビューよりも要素数が少なくなります。デフォルトの構文の [式] ビューでは、プレビューウィンドウではなく、ボタンによって式エバリュエータにアクセスできます。エバリュエータは、入力した式を評価して有効であることを確認し、式の効果の分析を表示します。

  6. ポリシー式を入力します。

    高度な構文の使用方法については、詳細ポリシー式の構成:はじめにを参照してください。

  7. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。作成したポリシーが [Content Switchitching Policies] ペインに表示されます。

CLI を使用してコンテンツスイッチングポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドする

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、コンテンツスイッチングポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドし、構成を確認します。

-  bind cs vserver <name> <targetVserver> [-policyName <string>]
-  show cs vserver [<name>]

例:

> bind cs vserver Vserver-CR-1 lbcachejpeg -policyName Policy-CS-JPEG
 Done
> bind cs vserver Vserver-CR-1 lbcachegif -policyName Policy-CS-GIF
 Done
> show cs vserver Vserver-CR-1
        Vserver-CR-1 (10.102.29.60:80) - HTTP   Type: CONTENT
        State: UP
        Last state change was at Fri Jul  2 12:53:45 2010
        Time since last state change: 0 days, 00:00:58.920
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Port Rewrite : DISABLED
        State Update: DISABLED
        Default:        Content Precedence: RULE
        Cacheable: YES
        Vserver IP and Port insertion: OFF
        Case Sensitivity: ON
        Push: DISABLED  Push VServer:
        Push Label Rule: none

1)      Policy: Policy-CS-JPEG  Target: lbcachejpeg     Priority: 0     Hits: 0
2)      Policy: Policy-CS-GIF   Target: lbcachegif      Priority: 0     Hits: 0
 Done
>

GUI を使用してコンテンツスイッチングポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドする

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動します。

  2. 詳細ウィンドウで、ポリシーをバインドする仮想サーバー ( Vserver-CS-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (コンテンツの切り替え)] ダイアログボックスの [ポリシー] タブで、[CSW] をクリックし、[ポリシーの挿入] をクリックします。
  4. [ポリシー名] 列で、コンテンツスイッチ仮想サーバーに対して構成するポリシーを選択します。
  5. [Target] 列で緑色の矢印をクリックし、一覧からターゲットの負荷分散仮想サーバーを選択します。
  6. [OK] をクリックします。