Citrix ADC

ポリシー評価の優先順位の設定

コンテンツスイッチポリシーは、さまざまなコンテンツタイプに対応するための汎用的な構成であるルール、または特定のキャッシュサーバーに送信する必要があるコンテンツタイプをより具体的に定義する URL のいずれかに基づいて構成できます。基本的に、同じコンテンツは、ルールベースのポリシーまたは URL ベースのポリシーのいずれかで定義できます。

いずれかのタイプのコンテンツスイッチングポリシーをキャッシュリダイレクト仮想サーバーにバインドしたら、ルールベースまたは URL ベースのポリシーに優先するように仮想サーバーを構成できます。これにより、特定の要求がどのサーバーに送信されるかが決まります。

ポリシー評価の優先順位を構成するには、precedence パラメータを使用します。このパラメータは、コンテンツリダイレクト仮想サーバーで優先されるポリシーの種類 (URL または RULE) を指定します。

可能な値:RULE、URL

デフォルト値:RULE

CLI を使用したポリシー評価の優先順位の設定

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、ポリシー評価の優先順位を構成し、構成を確認します。

-  set cr vserver <name> [-precedence (RULE | URL)]
-  show cr vserver <name>

例:

> set cr vserver Vserver-CRD-1 -precedence URL
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: ORIGIN L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done
>

GUI を使用したポリシー評価の優先順位の設定

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、優先順位を構成する仮想サーバー ( Vserver-CS-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (コンテンツの切り替え)] ダイアログボックスの [詳細設定] タブの [優先順位] の横にある [ルールまたは URL] をクリックし、[OK] をクリックします。

ポリシー評価の優先順位の設定