プロトコル拡張 - コマンドリファレンス

次の表は、カスタムプロトコルに対して追加された新しいコマンドと、カスタムプロトコル用に変更された既存のコマンドの一覧です。

show lb persistentSessions [<vserv-name>]

  • CLI コマンド:

    add user protocol <name> -transport ( TCP | SSL ) -extension <string> -comment <string>]>

  • 説明:

    拡張機能を使用して、Citrix ADCアプライアンスに新しいユーザープロトコルを追加します。現在、トランスポート値 TCP または SSL を持つユーザプロトコルのみがサポートされています。

    例:

    add user protocol MQTT -transport TCP -extension mqtt_code

  • CLI コマンド:

    rm user protocol <name>

  • 説明:

    Citrix ADCアプライアンスに追加したユーザープロトコルを削除します。

    例:

    rm user protocol mqtt

  • CLI コマンド:

    set user protocol <name> -comment <string>

  • 説明:

    Citrix ADCアプライアンスに追加したユーザープロトコルの設定を変更します。

    例:

    set user protocol mqtt -comment “MQTT protocol implementation”

  • CLI コマンド:

    unset user protocol <name> -comment

  • 説明:

    Citrix ADCアプライアンスに追加したユーザープロトコルの設定を削除します。

    例:

    unset user protocol mqtt -comment “MQTT protocol implementation”

  • CLI コマンド:

    update ns extension <extension name>

  • 説明:

    拡張機能を使用して、以前に追加されたユーザープロトコルの実装を更新します。

    プロトコルの実装を更新できるのは、そのプロトコルがユーザーの仮想サーバーによって使用されていない場合だけです。

    例:

    update ns extension my-extension

  • CLI コマンド:

    add lb vserver <name> [USER_TCP | USER_SSL_TCP] [-lbmethod USER_TOKEN] [-persistencetype USERSESSION] [-timeout <value>]

  • 説明:

    負荷分散仮想サーバーをCitrix ADCアプライアンスに追加します。これは既存の CLI コマンドです。

    負荷分散ユーザー仮想サーバーの場合、使用するサービスタイプは USER_TCP または USER_SSL_TCP です。IP アドレスとポートは、ユーザー負荷分散仮想サーバーでは許可されません。

    ユーザー負荷分散仮想サーバーでは、ROUNDROBIN 負荷分散方式のみが許可され、トークン値は拡張コードによって提供されます。同様に、USERSESSION 永続性のみが許可され、永続性設定は拡張コードによって提供されます。

    例:

    add lb vserver mysv USER_TCP –lbmethod ROUNDROBIN

  • CLI コマンド:

    add user vserver <name> <userProtocol> <IPAddress> <port> -defaultLB <string> [-params <string>] [-comment <string>]

  • 説明:

    拡張機能を使用して、ユーザープロトコルの仮想サーバーを追加します。設定されたデフォルトのユーザ負荷分散仮想サーバは、ctxt.output として TCP クライアントデータ拡張ハンドラで使用できます。仮想サーバーの場合、拡張パラメータは、名前と値のペアを指定して-params オプションを使用して設定できます。対応するパラメータ値は、拡張ハンドラで ctxt.vserver.params.<paramName>として利用できます。

    例:

    add user vs v_mqtt MQTT 10.217.24.28 80 -defaultlb mysv

  • CLI コマンド:

    rm user vserver <name>

  • 説明:

    Citrix ADCアプライアンスに追加済みのユーザー仮想サーバーを削除します。

    例:

    rm user vserver v_mqtt

  • CLI コマンド:

    set user vserver <name> [-IPAddress <ip_addr|ipv6_addr|*>] [-defaultLB <string>] [-params <string>] [-comment <string>]

  • 説明:

    Citrix ADCアプライアンスに追加したユーザー仮想サーバーの設定を変更します。拡張パラメータに-params オプションによって新しい値が割り当てられると、古い値は上書きされます。

    例:

    set user vs v_mqtt MQTT 10.217.24.28 -defaultlb mysv -comment “MQTT protocol implementation”

  • CLI コマンド:

    unset user vserver <name> [-params] [-comment]

  • 説明:

    Citrix ADCアプライアンスに追加したユーザー仮想サーバーの設定を削除します。—params オプションを使用して拡張パラメータの設定を解除すると、拡張ハンドラで使用できる対応するパラメータ値が nil に変更されます。

    例:

    unset user vs v_mqtt MQTT 10.217.24.28 -defaultlb mysv -comment “MQTT protocol implementation”

  • CLI コマンド:

    show user protocol [<name>]

  • 説明:

    拡張機能やコールバックなど、ユーザプロトコルに関する情報を表示します。

    例:

    show user protocol mqtt

  • CLI コマンド:

    show user vserver [<name>]

  • 説明:

    ユーザー仮想サーバーに関する情報を表示します。

    例:

    show user vserver vs_mqtt

  • CLI コマンド:

    stat user vserver [<name>]

  • 説明:

    ユーザー仮想サーバーに関する統計情報を表示します。

    例:

    stat user vserver vs_mqtt

  • CLI コマンド:

    show lb persistentSessions [<vserv-name>]

  • 説明:

    永続セッションに関する情報を表示します。これは既存の CLI です。ユーザープロトコルの場合、持続性タイプは USERSESSION と表示されます。

  • CLI コマンド:

    rm lb vserver <name>

  • 説明:

    Citrix ADC アプライアンスに追加したユーザー LB 仮想サーバーを削除します。

    例:

    rm lb vserver mysv

  • CLI コマンド:

    add service <name> <IPAddr> (USER_TCP | USER_SSL_TCP) <Port>

  • 説明:

    ユーザプロトコルに使用するバックエンドサービスを追加します。これは、新しいサービスタイプ USER_TCP および USER_SSL_TCP を持つ既存の CLI コマンドです。

    例:

    add service mqtt_svr1 10.217.24.48 USER_TCP 1501

    注意: 既存の「サービスの設定およびサービスの設定解除」コマンドを使用して、ユーザープロトコルに対して以前に追加したサービスの設定を削除または変更することができます。

  • CLI コマンド:

    bind lb vserver <name> <serviceName>

  • 説明:

    サービスをユーザー LB vserver にバインドします。サービスタイプは、タイプが USER_TCP/USER_SSL_TCP の LB 仮想サーバーにバインドする場合は、USER_TCP/USER_SSL_TCP である必要があります。

    例:

    bind lb vserver mysv mqtt_svr1

  • CLI コマンド:

    unbind lb vserver <name> <serviceName>

  • 説明:

    以前にバインドされたサービスをユーザー LB vserver にバインド解除します。

    例:

    unbind lb vserver mysv mqtt_svr1

  • CLI コマンド:

    rm service <name>

  • 説明:

    ユーザープロトコルに対して以前に追加されたサービスを削除します。

    例:

    rm service mqtt_svr1

プロトコル拡張 - コマンドリファレンス