Citrix ADC

キャッシュリダイレクション機能を使用した帯域幅使用率

インターネット上の Web トラフィックの量は膨大で、そのトラフィックの大部分が冗長です。複数のクライアントが Web サーバーに同じコンテンツを繰り返し要求し、帯域幅の非効率的な使用につながります。インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、Citrix ADCアプライアンスのキャッシュリダイレクト機能を使用して、オリジンサーバーではなくキャッシュサーバーからコンテンツを提供できます。Citrix ADCアプライアンスは、着信要求を分析し、キャッシュ可能なデータに対する要求をキャッシュサーバーに送信し、キャッシュ不可能な要求と動的HTTP要求をオリジンサーバーに送信します。Citrix ADC キャッシュリダイレクト機能はポリシーベースです。デフォルトでは、ポリシーに一致するリクエストはオリジンサーバーに送信され、他のすべてのリクエストはキャッシュサーバーに送信されます。コンテンツスイッチングとキャッシュリダイレクトを組み合わせて、選択的なコンテンツをキャッシュし、特定の種類の要求コンテンツに対して特定のキャッシュサーバーからコンテンツを提供できます。

詳しくは、「キャッシュのリダイレクト」を参照してください。

キャッシュリダイレクション機能を使用した帯域幅使用率