Citrix ADC

TCP 経由のビデオ最適化の設定

TCP 経由でビデオトラフィックを最適化するには、まずビデオ最適化機能を有効にします。次に、アプライアンスは組み込みの検出ポリシーをアクティブにして、着信ビデオトラフィックを検出し、ビデオの種類を特定します。各ビデオタイプのユーザ設定可能な最適化ポリシーは、トラフィックの最適化に必要な最適化ビットレートを指定します。

CLI を使用した TCP 経由のビデオ最適化の設定

Citrix ADCアプライアンスでビデオの最適化を構成するには、次のタスクを実行します。

  1. ビデオ最適化機能を有効にします。
  2. HTTP および HTTPS トラフィック用の仮想サーバーを追加します。
  3. すべての組み込み検出ポリシーを、HTTP トラフィック用の負荷分散仮想サーバーにバインドします。
  4. 組み込みのすべての検出ポリシーを、HTTPS トラフィック用の SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバーにバインドします。
  5. HTTP トラフィックと HTTPS トラフィックに必要な最適化ポリシーを追加します。
  6. 最適化ポリシーを HTTP トラフィックの負荷分散仮想サーバーにバインドします。
  7. HTTPS トラフィック用に SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバに最適化ポリシーをバインドします。

ビデオの最適化の有効化

Citrix ADCアプライアンスでビデオトラフィックの検出、最適化、およびレポートを実行する場合は、ビデオ最適化機能を有効にして、最適化をオンに設定する必要があります。この機能を有効にすると、組み込みの検出ポリシーを使用して着信ビデオトラフィックを識別し、最適化ポリシーを設定して暗号化された ABR トラフィックを最適化できます。ABR ビデオトラフィックを最適化するには、ダウンロードビットレート( ペーシングレートとも呼ばれます)を設定する必要があります。

負荷分散機能も有効にする必要があります。また、HTTPS トラフィックにビデオ最適化を使用する場合は、SSL 機能を有効にする必要があります。

ビデオ最適化機能を有効にするには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

enable ns feature VideoOptimization

ビデオ最適化のパフォーマンスとビデオインサイトレポートを監視する場合は、AppFlow機能を有効にしてから、Citrix Application Delivery Management(ADM)のビデオ分析機能にアクセスする必要があります。詳しくは、Video Insightのドキュメントを参照してください。

HTTP および HTTPS ビデオトラフィック用の仮想サーバの作成

Citrix ADCアプライアンスは、さまざまな種類の着信ビデオトラフィックを検出して最適化するために、異なる仮想サーバーを使用します。アプライアンスは、TCPトラフィック用に次のタイプの仮想サーバーをサポートします。

  • HTTP 負荷分散仮想サーバー。HTTP ビデオトラフィックを検出するために、アプライアンスは HTTP 負荷分散仮想サーバーを使用します。アプライアンスがクライアントから受信する HTTP ビデオ要求を管理します。
  • SSLブリッジ負荷分散仮想サーバー。暗号化されたビデオトラフィックを検出するには、アプライアンスで SSL ブリッジ仮想サーバーを設定する必要があります。

HTTP ビデオトラフィックを検出するための HTTP 負荷分散仮想サーバーを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb vserver <name> HTTP * 80 -persistenceType NONE

例:

add lb vserver ProxyVserver-HTTP HTTP * 80 -persistenceType NONE -cltTimeout 120

HTTPS ビデオトラフィックを検出するための SSL Bridge 仮想サーバを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb vserver <name> SSL_BRIDGE * 443 -persistenceType NONE

例:

add lb vserver ProxyVserver-SSL SSL_BRIDGE * 443 -persistenceType NONE -cltTimeout 180

HTTP 負荷分散仮想サーバーへの組み込み検出ポリシーのバインド

HTTP 接続を介してビデオトラフィックを検出するには、組み込みのすべての検出ポリシーを負荷分散仮想サーバーにバインドする必要があります。ポリシーは、ポリシータイプに応じて、要求時間または応答時間処理のいずれかにバインドする必要があります。

さまざまなビデオタイプの検出ポリシーを HTTP 負荷分散仮想サーバにバインドするには

コマンドプロンプトで、種類ごとに適切なコマンドを入力します。使用可能なコマンドは次のとおりです。

bind lb vserver <name> -policyName ns_videoopt_http_abr_netflix -priority <integer> -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver <name>   -policyName ns_videoopt_http_abr_netflix2 -priority <integer> -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver <name>   -policyName ns_videoopt_http_abr_youtube -priority <integer>  -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver <name>    -policyName ns_videoopt_http_pd_youtube -priority <integer>  -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver <name>    -policyName ns_videoopt_http_pd_youtube2  -priority <integer>  -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver  <name>   -policyName ns_videoopt_http_pd_youtube3 -priority <integer>  -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver  <name>  -policyName ns_videoopt_http_abr_generic -priority <integer> -type (REQUEST | RESPONSE)

例:

bind lb vserver ProxyVserver-HTTP    -policyName ns_videoopt_http_abr_netflix -priority 400  type RESPONSE

bind lb vserver ProxyVserver-HTTP    -policyName ns_videoopt_http_abr_netflix2 -priority 500 -type RESPONSE

bind lb vserver ProxyVserver-HTTP    -policyName ns_videoopt_http_abr_youtube -priority 600  -type RESPONSE

bind lb vserver ProxyVserver-HTTP    -policyName ns_videoopt_http_pd_youtube -priority 800  -type RESPONSE

bind lb vserver ProxyVserver-HTTP    -policyName ns_videoopt_http_pd_youtube2 -priority 900 -type RESPONSE

bind lb vserver  ProxyVserver-HTTP   -policyName ns_videoopt_http_pd_youtube3 -priority 1000 -type REQUEST

bind lb vserver  ProxyVserver-HTTP   -policyName ns_videoopt_http_abr_generic -priority 1100 -type RESPONSE

HTTP 本文コンテンツ検出ポリシーの負荷分散仮想サーバーのバインド

HTTP 経由でビデオトラフィックを検出するには、本文のコンテンツ検出ポリシーを負荷分散仮想サーバーにバインドする必要があります。次のコマンドを使用できます。

bind lb vserver <name> -policyName ns_videoopt_http_body_detection -priority <integer> -type (REQUEST | RESPONSE)

例:

bind lb vserver ProxyVserver-HTTP -policyName ns_videoopt_http_body_detection -priority 1500 -type REQUEST

SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバへの組み込み検出ポリシーのバインド

HTTPS 接続を介してビデオトラフィックを検出するには、組み込みの検出ポリシーを SSL Bridge 負荷分散仮想サーバにバインドする必要があります。

検出ポリシーを SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバにバインドするには

コマンドプロンプトで、種類ごとに適切なコマンドを入力します。使用可能なコマンドは次のとおりです。

bind lb vserver <name> -policyName ns_videoopt_https_abr_netflix -priority <positive_integer> -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver <name> -policyName ns_videoopt_https_abr_youtube -priority <positive_integer> -type (REQUEST | RESPONSE)

bind lb vserver <name> -policyName ns_videoopt_https_abr_generic -priority <positive_integer> -type (REQUEST | RESPONSE)

例:

bind lb vserver ProxyVserver-SSL -policyName ns_videoopt_https_abr_netflix -priority 120 -type REQUEST

bind lb vserver ProxyVserver-SSL -policyName ns_videoopt_https_abr_youtube -priority 140 -type REQUEST

bind lb vserver ProxyVserver-SSL -policyName ns_videoopt_https_abr_generic -priority 150 -type REQUEST

ABR トラフィックのペーシングのための最適化ポリシーの追加

ABR トラフィックを最適化するには、最適化ポリシーと関連するアクションを設定する必要があります。次に、検出ポリシーをバインドしたのと同じ負荷分散仮想サーバーにポリシーをバインドします。ポリシーを作成するときにアクションを含めることができるように、ポリシーごとにアクションを最初に作成します。

最適化アクションを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add videooptimization pacingaction <action Name> -rate <integer> [-comment <string>]

rate パラメータは、トラフィックを送信するレート(ペーシングレート)を Kbps 単位で指定します。

例:

add videooptimization pacingaction MyOptAct2000 -rate 2000

最適化ポリシーを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add videooptimization pacingpolicy <name> -rule <expression> -action <string>

例:

add videooptimization pacingpolicy myOptPolicy2000 -rule TRUE -action MyOptAct2000

HTTP 負荷分散仮想サーバーへの最適化ポリシーのバインド

HTTP 接続で ABR ビデオトラフィックを最適化するには、検出ポリシーがバインドされている負荷分散仮想サーバに最適化ポリシーをバインドする必要があります。

最適化ポリシーを負荷分散仮想サーバーにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

bind lb vserver <name> -policyName <policy_name> -priority <positive_integer> -type  (REQUEST | RESPONSE)

例:

bind lb vserver ProxyVserver-HTTP -policyName myOptPolicy2000 -priority 3400 -type  REQUEST

SSL ブリッジ仮想サーバーへの最適化ポリシーのバインド

HTTPS 接続で ABR ビデオトラフィックを最適化するには、組み込み検出ポリシーがバインドされている SSL Bridge 仮想サーバに最適化ポリシーをバインドする必要があります。

最適化ポリシーを SSL Bridge 仮想サーバーにバインドして、暗号化されたトラフィックをペーシングするには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

bind lb vserver <name> -policyName <policy_name> -priority <positive_integer> -type  (REQUEST |RESPONSE)

例:

bind lb vserver ProxyVserver-SSL -policyName myOptPolicy2000 -priority 3400 -type  REQUEST

ビデオの最適化ペーシングパラメータの設定

CLI では、ランダムサンプリング率などのビデオ最適化ペーシングパラメータを設定できます。

ランダムサンプリングのパーセンテージを設定するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

set videooptimization parameter –RandomSamplingPercentage <realNumber>

ここで、実数値は 0.0 ~ 100.0 の値です。

例:

set videooptimization parameter -RandomSamplingPercentage 50

GUI を使用した TCP 経由のビデオ最適化の設定

GUIを使用すると、次のことが可能になります。

  • ビデオ最適化機能を有効にします。
  • HTTP 負荷分散仮想サーバを作成します。
  • SSLブリッジ負荷分散仮想サーバーを作成します。
  • 組み込みの検出ポリシーをHTTP負荷分散仮想サーバーにバインドします。
  • 組み込みの検出ポリシーをSSLブリッジ負荷分散仮想サーバーにバインドします。
  • 最適化ポリシーを作成します。
  • 最適化アクションを作成します。
  • 最適化ペーシングパラメータを設定します。
  • 最適化ポリシーをバインドして、HTTP トラフィック用の仮想サーバの負荷分散を行います。
  • HTTPSトラフィック用のSSLブリッジ負荷分散仮想サーバーに最適化ポリシーをバインドします。

ビデオ最適化機能を有効にするには

  1. ナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[設定] をクリックします。
  2. [設定] ページで、[拡張機能の構成] リンクをクリックします。
  3. [高度な機能の設定] ページで、[ビデオの最適化] チェックボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

HTTP トラフィック用の負荷分散仮想サーバーを作成するには

  1. Citrix ADCアプライアンスにサインインし、「 トラフィック管理 」>「 負荷分散 」>「 仮想サーバー 」ページに移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [負荷分散仮想サーバー] 画面で、次のパラメータを設定します。
    1. Name。負荷分散仮想サーバの名前。
    2. プロトコル。プロトコルの種類を HTTP として選択
    3. IP アドレスの種類。IP アドレスの種類:IPv4 または IPv6。
    4. IP アドレス。仮想サーバに割り当てられた IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレス。
    5. ポート。仮想サーバのポート番号。
  4. [OK] をクリックして、他のオプションのパラメータの設定を続行します。詳細は、「仮想サーバーの作成」を参照してください。
  5. [作成 して 閉じる] をクリックします。

HTTPS トラフィック用の負荷分散仮想サーバーを作成するには

  1. Citrix ADCアプライアンスにサインインし、「 トラフィック管理 」>「 負荷分散 」>「 仮想サーバー 」ページに移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [負荷分散仮想サーバー] 画面で、次のパラメータを設定します。
    1. Name。負荷分散仮想サーバの名前。
    2. プロトコル。SSL ブリッジとしてプロトコルタイプを選択します。
    3. IP アドレスの種類。IP アドレスの種類:IPv4 または IPv6。
    4. IP アドレス。仮想サーバに割り当てられた IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレス。
    5. ポート。仮想サーバのポート番号。
  4. [OK] をクリックして、他のオプションのパラメータの設定を続行します。詳しくは、「仮想サーバーの作成」を参照してください。
  5. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

組み込みの検出ポリシーを負荷分散仮想サーバーにバインドするには

  1. Citrix ADCアプライアンスにサインインし、「 トラフィック管理 」>「 負荷分散 」>「 仮想サーバー 」画面に移動します。
  2. 詳細ペインで、負荷分散仮想サーバーを選択し、[Edit] をクリックします。
    1. [詳細設定] セクションで、[ポリシー] をクリックします。
    2. [ポリシー] セクションで、[+] アイコンをクリックして [ポリシー] スライダにアクセスします。
    3. [ポリシー] セクションで、次のパラメータを設定します。
    4. [ポリシー] を選択します。ドロップダウンリストからビデオ最適化検出ポリシーを選択します。
    5. [タイプ] を選択します。ポリシーの種類を [要求] として選択します。
    6. [続行] をクリックします。
  3. リストからビデオ検出ポリシーを選択し、[閉じる] をクリックします。

組み込みの検出ポリシーを SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバーにバインドするには

  1. Citrix ADCアプライアンスにログオンし、「 トラフィック管理 」>「 負荷分散 」>「 仮想サーバー 」画面に移動します。
  2. 詳細ペインで、SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバを選択し、[Edit] をクリックします。
  3. [詳細設定] セクションで、[ポリシー] をクリックします。
  4. [ポリシー] セクションで、[+] アイコンをクリックして [ポリシー] スライダにアクセスします。
  5. [ポリシー] セクションで、次のパラメータを設定します。
    1. [ポリシー] を選択します。ドロップダウンリストから、ビデオ最適化検出ポリシーを選択します。
    2. [タイプ] を選択します。ポリシーの種類を [要求] として選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. リストからビデオ検出ポリシーを選択し、[閉じる] をクリックします。

ビデオ最適化アクションを作成するには

  1. Citrix ADCアプライアンスにログオンし、「 構成 」>「 最適化」>「 ビデオの 最適化 」>「 ペーシング」> 「アクション」 の順に選択します。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [ビデオの最適化ペーシングアクションの作成] ページで、次のパラメータを設定します。
    1. Name。最適化アクションの名前。
    2. ABR 最適化レート(Kbps)。ABR ビデオトラフィックを送信するペーシングレート。ABR 最適化のデフォルトレートは 1000 Kbps です。最小値は 1 で、最大値は 2147483647 です。
    3. [コメント]: アクションの簡単な説明。
  4. [作成 して 閉じる] をクリックします。

ビデオ最適化ポリシーを作成するには

  1. Citrix ADCアプライアンスにログオンし、「 構成 」>「 最適化」>「 ビデオの 最適化 」>「 ペーシング 」>「 ポリシー 」の順に選択します。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [ビデオ最適化ペーシングポリシーの作成] ページで、次のパラメータを設定します。
    1. Name。最適化ポリシーの名前
    2. 。ポリシーを実装するカスタム正規表現式。
    3. アクション。着信ビデオトラフィックを処理するポリシーに関連付けられた最適化アクション。
    4. UNDEF アクション。着信要求が最適化ポリシーと一致しない場合、未定義のイベント。
    5. [コメント]: ポリシーの簡単な説明。
    6. アクションをログに記録する目的のログメッセージを作成する監査ログアクションを選択します。
  4. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

ビデオの最適化ペーシングパラメータを設定するには

  1. Citrix ADCアプライアンスにログオンし、[構成]>[最適化]>[ビデオの最適化]に移動します。
  2. [ビデオの最適化] ページで、[ビデオの最適化設定の変更] リンクをクリックします。
  3. [ビデオの最適化設定] ページで、次のパラメータを設定します。
    1. ランダムサンプリングのパーセンテージ (%)。ランダムサンプリング用に選択されたパケットのパーセンテージ。
  4. [OK] をクリックして [閉じる] をクリックします。

ビデオ最適化ポリシーを HTTP 負荷分散仮想サーバにバインドするには

  1. Citrix ADCアプライアンスにログオンし、[構成]>[最適化]>[ビデオの最適化]に移動します。
  2. [ビデオの最適化] ページで、[ビデオの最適化ペーシングポリシーマネージャ] リンクをクリックします。
  3. 次のパラメータを設定します。
    1. バインドポイント: 要求または応答の処理中に最適化ポリシーを適用するポイント。
    2. [** 接続タイプ**]。 要求または応答としての接続タイプ。
    3. 仮想サーバ。ポリシーをバインドする負荷分散仮想サーバー。
    4. [続行] をクリックします。
  4. バインドポイント (Bind Point ) セクションで、次のいずれかの操作を行います。
    1. リストからポリシーを選択します。
    2. バインドの追加」 をクリックして、「 ポリシーバインディング 」スライダーにアクセスします。
      1. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを追加します。
      2. バインドの詳細を入力し、「 バインド」をクリックします。
  5. [閉じる] をクリックします。

ビデオ最適化ポリシーを SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバーにバインドするには

  1. Citrix ADCアプライアンスにログオンし、「 構成 」>「 最適化 」>「 ビデオの 最適化 」に移動します。
  2. [ビデオの最適化] ページで、[ビデオの最適化ペーシングポリシーマネージャ] リンクをクリックします。
  3. [ビデオ最適化ポリシーマネージャ] ページで、次のパラメータを設定します。
    1. [バインドポイント]: 要求/応答処理中に最適化ポリシーを適用するポイント。
    2. 接続タイプ。要求または応答としての接続タイプ。
    3. 仮想サーバ。ポリシーをバインドする SSL ブリッジ負荷分散仮想サーバ。
  4. [続行] をクリックします。
  5. バインドポイント (Bind Point ) セクションで、次のいずれかの操作を行います。
    1. リストからポリシーバインディングを選択します。
    2. バインドの追加」 をクリックして、「 ポリシーバインディング 」スライダーにアクセスします。
      1. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを追加します。
      2. バインドの詳細を入力し、「 バインド」をクリックします。
  6. [閉じる] をクリックします。