Citrix ADC

DS-Lite を構成する前に考慮すべきポイント

Citrix ADCアプライアンスでDS-Liteを構成する前に、次の点を考慮してください。

  1. RFC 6333 で説明されている DS-Lite のさまざまなコンポーネントについて理解しておく必要があります。

  2. Citrix ADCアプライアンスのDS-lite構成では、LSNコマンドセットが使用されます。DS-Lite 構成では、LSN クライアントエンティティは、B4 デバイスからのトラフィックを識別するための IPv6 アドレス、IPv6 ネットワークアドレス、または ACL6 ルールを指定します。DS-Lite構成には、Citrix ADCアプライアンス上のIPv6アドレスのAFTRコンポーネントを指定するIPv6プロファイルも含まれています。Citrix ADC LSN機能の詳細については、大規模NATを参照してください。

  3. DS-Lite構成の場合、Citrix ADCアプライアンスは、次のいずれかのプロトコルに属するIPv4パケットに対してLSNをサポートします。Citrix ADCアプライアンスは、他のプロトコルに属するIPv4パケットをドロップします。

    • TCP
    • UDP
    • ICMP
  4. Citrix ADC アプライアンスは、次のALGsDS-Liteをサポートしています。

    • ICMP
    • FTP
    • TFTP
    • セッション開始プロトコル(SIP)
    • リアルタイムストリーミングプロトコル (RTSP)

DS-Lite を構成する前に考慮すべきポイント