通信サービスプロバイダ向けソリューション

SIP プロトコルのアプリケーション層ゲートウェイ

セッション開始プロトコル(SIP) で大規模な NAT64 を使用するのは複雑です。これは、SIP メッセージに SIP ヘッダーと SIP 本文に IP アドレスが含まれているためです。LSN を SIP とともに使用すると、SIP ヘッダーには発信者と受信者の情報が含まれ、デバイスはこの情報を変換して外部ネットワークから隠します。SIP 本体には、セッション記述プロトコル(SDP)情報が含まれています。この情報には、メディアを送信するための IP アドレスとポート番号が含まれます。大規模な NAT64 用の SIP ALG は、RFC 3261、RFC 3581、RFC 4566、および RFC 4475 に準拠しています。

SIP ALGは、Citrix ADCスタンドアロンアプライアンス、Citrix ADC高可用性セットアップ、およびCitrix ADCクラスタセットアップでサポートされています。

SIP ALG の制限事項

大規模な NAT64 用の SIP ALG には、次の制限があります。

  • SDP ペイロードだけがサポートされます。
  • 以下はサポートされていません:
    • マルチキャスト IP アドレス
    • 暗号化 SDP
    • SIP TLS
    • 完全修飾ドメイン名変換
    • SIP レイヤ認証
    • トラフィックドメイン
    • 管理パーティション
    • マルチパートボディ
    • 折り畳み

SIP ALG の設定

LSN 設定の一部として SIP ALG を設定する必要があります。LSN の設定手順については、「大規模な NAT64 の設定」を参照してください。LSN の設定時には、次のことを確認してください。

  • LSN アプリケーションプロファイルを追加するときに、次のパラメータを設定します。
    • IP プーリング = PAIRED
    • アドレスとポートのマッピング = エンドポイント独在
    • フィルタリング = エンドポイントインデペンデント
  • SIP ALG プロファイルを作成し、送信元ポート範囲または宛先ポート範囲を定義していることを確認します。SIP ALG プロファイルを LSN グループにバインドします。
  • LSN グループで SIP ALG を有効にします。

CLI を使用して LSN 設定で SIP ALG を有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lsn group <groupname> -clientname <string> [-sipalg ( ENABLED | DISABLED )]

show lsn group <groupname>

CLI を使用して LSN 設定で SIP ALG を有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lsn sipalgprofile <sipalgprofilename>[-dataSessionIdleTimeout <positive_integer>][-sipSessionTimeout <positive_integer>] [-registrationTimeout <positive_integer>] [-sipsrcportrange <port[-port]>] [-sipdstportrange <port[-port]>] [-openRegisterPinhole ( ENABLED | DISABLED )] [-openContactPinhole ( ENABLED | DISABLED )] [-openViaPinhole ( ENABLED | DISABLED )] [-openRecordRoutePinhole ( ENABLED | DISABLED )]-sipTransportProtocol ( TCP | UDP ) [-openRoutePinhole ( ENABLED | DISABLED )] [-rport ( ENABLED | DISABLED )]

show lsn sipalgprofile <sipalgprofilename

構成例

次の大規模な NAT64 設定の例では、ネットワーク 2001: DB 8:1003:: /96 内のサブスクライバデバイスからの TCP トラフィックに対して SIP ALG が有効になっています。

add lsn client LSN-NAT64-CLIENT-9

Done
bind lsn client LSN-NAT64-CLIENT-9 -network6 2001:DB8:1002::/96

Done
add lsn pool LSN-NAT64-POOL-9

Done
bind lsn pool LSN-NAT64-POOL-9 203.0.113.90

Done
add lsn ip6profile LSN-NAT64-PROFILE-9 -type NAT64 -natprefix 2001:DB8:309::/96

Done
add lsn appsprofile LSN-NAT64-APPS-PROFILE-9 TCP -ippooling PAIRED –mapping ENDPOINT-INDEPENDENT -filtering ENDPOINT-INDEPENDENT

Done
add lsn sipalgprofile SIPALGPROFILE-9  -sipdstportrange 5060  -sipTransportProtocol TCP

Done
add lsn group LSN-NAT64-GROUP-9 -clientnameLSN-NAT64-CLIENT-9 -ip6profile LSN-NAT64-PROFILE-7 -sipalg ENABLED

Done
bind lsn group LSN-NAT64-GROUP-9 -poolnameLSN-NAT64-POOL-9
Done
bind lsn group LSN-NAT64-GROUP-9 -appsprofilename LSN-NAT64-APPS-PROFILE-9
Done
bind lsn group LSN-NAT64-GROUP-9 -sipalgprofilename SIPALGPROFILE-9
Done
SIP プロトコルのアプリケーション層ゲートウェイ