Citrix ADC

ポリシーベースの TCP プロファイルの選択

Citrix ADCアプライアンスは、サブスクライバー属性に基づいてTCP最適化を実行するように構成できます。たとえば、アプライアンスは、ユーザー機器(UE)が接続されているネットワークに基づいて、実行時に異なるTCPプロファイルを選択できます。その結果、TCP プロファイルでいくつかのパラメータを設定し、ポリシーを使用して適切なプロファイルを選択することで、モバイルユーザーのエクスペリエンスを向上させることができます。

4G ネットワーク経由で接続するサブスクライバと、他のネットワーク経由で接続するユーザ用に、個別の TCP プロファイルを作成します。RAT タイプなど、サブスクライバパラメータに基づいて選択されるポリシールールを定義します。次の例では、RAT-Type が EUTRAN の場合、高速接続をサポートする TCP プロファイルが選択されます(例 1)。その他すべての RAT タイプ値では、異なる TCP プロファイルが選択されます(例 2)。

RAT タイプ AVP(AVP コード 1032)は、列挙型であり、UE にサービスを提供している無線アクセステクノロジーを識別するために使用されます。

値「1004」は、RATがEUTRANであることを示します。(RFC 29.212)。

Example1:

add ns tcpProfile tcp2 -WS ENABLED -SACK ENABLED -WSVal 8 -initialCwnd 16 - oooQSize 15000 -slowStartIncr 1 -bufferSize 1000000 -flavor BIC - dynamicReceiveBuffering DISABLED -sendBuffsize 1000000 -dsack DISABLED -maxcwnd 4000000 -fack ENABLED -minRTO 500 -maxburst 15

add appqoe action appact2 -priority HIGH -tcpprofile tcp2

add appqoe policy apppol2 -rule "SUBSCRIBER.AVP(1032).VALUE.GET_UNSIGNED32(0, BIG_ENDIAN).EQ(1004)" -action appact2

bind cs vserver <name>  -policyname apppol2 -priority 20 -type request

Example2:

add ns tcpProfile tcp1 -WS ENABLED -SACK ENABLED -WSVal 8 -initialCwnd 16 - oooQSize 15000 -slowStartIncr 1 -bufferSize 150000 -flavor BIC - dynamicReceiveBuffering DISABLED -sendBuffsize 150000 -dsack DISABLED -maxcwnd 4000000 -fack ENABLED -minRTO 200 -maxburst 15

add appqoe action appact1 -priority HIGH -tcpprofile tcp1

add appqoe policy apppol1 -rule "SUBSCRIBER.AVP(1032).VALUE.GET_UNSIGNED32(0, BIG_ENDIAN).NE(1004)" -action appact1

bind cs vserver <name>  -policyname apppol1 -priority 10 -type request

ポリシーベースの TCP プロファイルの選択