Citrix ADC

テレコムサービスプロバイダの負荷分散、キャッシング、ロギングなどの DNS インフラストラクチャ/トラフィックサービスの提供

通信サービスプロバイダーは、Citrix ADCアプライアンスをDNSプロキシとして機能するように構成できます。DNS プロキシの重要な機能である DNS レコードのキャッシュは、Citrix ADC アプライアンスでデフォルトで有効になっています。これにより、Citrix ADCアプライアンスは、翻訳の繰り返しに迅速に対応できるので、カスタマーエクスペリエンスが向上し、帯域幅も節約できます。は、DNS ネームサーバからの応答をキャッシュします。アプライアンスは DNS クエリーを受信すると、クエリーされたドメインがキャッシュ内でチェックされます。クエリされたドメインのアドレスがキャッシュに存在する場合、Citrix ADCアプライアンスは対応するアドレスをクライアントに返します。それ以外の場合、クエリはDNSネームサーバーに転送され、アドレスの可用性をチェックし、Citrix ADCアプライアンスに返します。その後、Citrix ADCアプライアンスはアドレスをクライアントに返します。

以前にキャッシュされたドメインに対する要求の場合、Citrix ADCアプライアンスは、構成されたDNSサーバーに問い合わせることなく、キャッシュからドメインのアドレスレコードを提供するため、帯域幅を節約します。

11.0リリース以降では、Citrix ADCは受信したDNS要求と、クライアントに送信する応答も記録します。通信サービスプロバイダーは、このログを使用して、次のことができます。

  • クライアントに対する DNS 応答の監査
  • DNS クライアントの監査
  • DNS 攻撃の検出と防止
  • トラブルシューティング

詳しくは、「ドメインネームシステム」を参照してください。

テレコムサービスプロバイダの負荷分散、キャッシング、ロギングなどの DNS インフラストラクチャ/トラフィックサービスの提供