Citrix ADC

通信サービスプロバイダーのコアネットワーク間で GSLB を使用した加入者の負荷分散の提供

スケーラビリティ、高可用性、およびパフォーマンスは、サービスプロバイダの導入に不可欠です。多くのサービスプロバイダーがインフラストラクチャを 1 か所または複数の場所に展開していますが、これらの展開には次のような制限があります。

  • サイトがパブリックインターネットのすべてまたは一部に接続できなくなった場合、ユーザーや顧客がアクセスできなくなり、ビジネスに大きな影響を与える可能性があります。
  • 地理的に離れた場所からサイトにアクセスするユーザーは、大きく変動する遅延が発生する可能性があります。これは、HTTP がコンテンツを転送するために必要な往復の数が多いため、悪化しています。

Citrix ADCアプライアンスのグローバルサーバー負荷分散(GSLB)は、複数の地理的な場所に展開されたサイト間でトラフィックを分散することによって、これらの問題を克服します。GSLB は、インターネット上のさまざまな場所からコンテンツを提供することにより、ネットワーク帯域幅のボトルネックの影響を軽減し、特定のサイトでネットワーク障害が発生した場合に堅牢性を提供します。ユーザーは、リクエスト時に最も近いサイトまたは最も負荷の低いサイトに自動的に移動できるため、ダウンロードの遅延やサービスの中断が長くなる可能性を最小限に抑えることができます。

Citrix ADCアプライアンスのグローバルサーバー負荷分散は、次の目的で使用できます。

  • アクティブデータセンターとスタンバイデータセンターで構成されるアクティブ/スタンバイデータセンターの設定を構成することにより、ディザスタリカバリまたは高可用性を実現します。障害イベントの結果としてフェイルオーバーが発生すると、スタンバイ・データ・センターは稼働状態になります。
  • 複数のアクティブなデータセンターで構成されるアクティブ-アクティブデータセンターの設定を構成することにより、高可用性と高速性を実現します。クライアント要求は、アクティブなデータセンター間で負荷分散されます。
  • 近接設定を構成して、地理的距離またはネットワーク距離が最も近いデータセンターにクライアント要求を転送します。
  • 完全DNS解決、GSLBは、A、AAAA、CNAMEタイプのDNSクエリを処理し、DNS機能オプションは、MXやPTRなどの他のすべてのタイプのDNSクエリを処理することができます。また、再帰的な解決が有効になっている場合、アプライアンスはCitrix ADCアプライアンスで構成されていないドメイン名に対するDNSクエリを転送します。

詳しくは、「グローバル サーバーの負荷分散」を参照してください。

通信サービスプロバイダーのコアネットワーク間で GSLB を使用した加入者の負荷分散の提供