Citrix ADC

クラスタノードの無効化

そのノードのクラスタインスタンスを無効にすることで、クラスタからノードを一時的に削除できます。無効になっているノードは、クラスタ構成と同期されません。ノードを再度有効にすると、クラスタ構成は自動的に同期されます。詳しくは、「クラスタ・ノード間の同期」を参照してください。

無効化されたノードはトラフィックを処理できず、このノード上の既存の接続はすべて終了します。

無効にされた非構成コーディネーターノードの構成が(ノードの NSIP アドレスを使用して)変更された場合、構成はそのノードで自動的に同期されません。クラスタ構成の同期の説明に従って、手動で設定を同期する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してクラスタノードを無効にするには

無効にするノードのコマンドプロンプトで、次のように入力します。

<clId>クラスタ・インスタンスの無効化

クラスターを無効にするには、クラスター IP アドレスに対して disable cluster インスタンスコマンドを実行します。

構成ユーティリティを使用してクラスタノードを無効にするには

  1. 無効にするノードで、[システム] > [クラスタ] に移動し、[クラスタの管理] をクリックします。
  2. [クラスターインスタンスの 構成] ダイアログボックスで、[クラスターインスタンスの 有効化] チェックボックスの選択を解除します。

    すべてのノードでクラスタインスタンスを無効にするには、クラスタ IP アドレスで上記の手順を実行します。

クラスタノードの無効化