Citrix ADC

Citrix ADC アプライアンスの検出

現在のノードと同じサブネットに存在するアプライアンスを検出できます。検出された必要なアプライアンスは、クラスタに選択的に追加できます。この操作は、新しいクラスターを作成するか、既存のクラスターにノードを追加するために実行できます。

  • 検出操作は、構成ユーティリティを使用してのみ実行できます。
  • この操作では、異なるネットワークからCitrix ADCアプライアンスを検出できません。
  • この操作を実行して既存のクラスタにノードを追加すると、ノードから L3 VLAN 設定がクリアされます。アプライアンスをクラスタに追加したら、必ずこれらの設定を定義する必要があります。

構成ユーティリティを使用してアプライアンスを検出するには

  1. クラスタ IP アドレスにログオンします。
  2. [システム] > [クラスタ] > [ノード] に移動します。
  3. 詳細ペインで、ページの下部にある [NetScalersの検出] をクリックします。
  4. NetScalersの検出]ダイアログ・ボックスで、次のパラメータを設定します。
    • IPアドレスの範囲 :アプライアンスを検出するIPアドレスの範囲を指定します。たとえば、10.102.29.4 ~ 10.102.29.15 の間のすべての NSIP アドレスを検索するには、このオプションを 10.102.29.4 ~ 15 と指定します。
    • バックプレーンインターフェイス :バックプレーンインターフェイスとして使用するインターフェイスを指定します。これはオプションのパラメーターです。このパラメーターを指定しない場合は、ノードをクラスターに追加した後にパラメーターを更新する必要があります。
  5. [OK] をクリックします。
  6. クラスタに追加するアプライアンスを選択します。
  7. [OK] をクリックします。

Citrix ADC アプライアンスの検出