Citrix ADC

クラスタノードの削除

ノードがクラスタから削除されると、クラスタ構成はノードから消去されます(clear ns config-extended コマンドを内部で実行します)。SNIP アドレス、バックプレーンインターフェイスの MTU 設定、およびすべての VLAN 設定(デフォルト VLAN および NSVLAN を除く)もアプライアンスから消去されます。

  • 削除されたノードがクラスタ構成コーディネータであった場合、別のノードがクラスタ構成コーディネータとして自動的に選択され、クラスタ IP アドレスがそのノードに割り当てられます。現在のクラスター IP アドレスセッションはすべて無効になり、新しいセッションを開始する必要があります。
  • クラスター全体を削除するには、各ノードを個別に削除する必要があります。最後のノードを削除すると、クラスター IP アドレスが削除されます。
  • アクティブなノードを削除すると、クラスタのトラフィック処理能力が 1 つのノードだけ減少します。このノード上の既存の接続は終了します。

コマンドラインインターフェイスを使用してクラスタノードを削除するには

NetScaler 10.1以降のバージョンの場合

クラスタ IP アドレスにログオンし、コマンドプロンプトで次のように入力します。

rm クラスタノード <nodeId>

ノードからクラスタ IP アドレスに到達できない場合は、そのノード自体の NSIP アドレスに対して rm cluster instance コマンドを実行します。

NetScaler 10の場合

  1. クラスターから削除するノードにログオンし、クラスターインスタンスへの参照を削除します。

    rm cluster instance <clId>
    
    save ns config
    
  2. クラスタ IP アドレスにログオンし、クラスタインスタンスを削除したノードを削除します。

    rm クラスタノード <nodeId>
    
    save ns config
    

    ローカルノードからrm cluster node コマンドを実行しないでください。このコマンドを実行すると、構成コーディネータとノード間の構成が矛盾します。

構成ユーティリティを使用してクラスタノードを削除するには

クラスタ IP アドレスで、[システム] > [クラスタ] >[ノード] に移動し、削除するノードを選択して [削除] をクリックします。

クラスタノードの削除