Citrix ADC

所有者ノードの応答ステータスの設定

クラスタ設定では、スポッティングされた SNIP アドレスがあるノードで ownerDownResponse オプションを構成できます。デフォルトでは、このオプションは有効になっており、ノードが非アクティブのときに、スポッティング IP アドレスが PING または ARP 要求(アップストリームルーターからの要求)に応答できます。このオプションを無効にすると、所有者ノードが非アクティブのとき、IP アドレスはルーター要求に応答できません。

この機能が ECMP 展開のスタティックルートのモニタリングにどのように使用されるかについては、「ECMP(等価コスト複数パス)の使用」を参照してください。

Citrix ADC CLI を使用して所有者ノードの応答ステータスを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add ns ip <IPAddress> [-ownerNode <positive_integer>] [-ownerDownResponse (YES | NO )] [-td <positive_integer>]

add ns ip 2.2.2.2 255.255.255.0 -ownernode 6 –ownerdownResponse YES

Citrix ADC GUIを使用して所有者ノードの応答ステータスを設定するには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、[追加] をクリックして、スポッティング SNIP アドレスを作成します。
  2. [IP アドレスの作成] ページで、[ownerDownResponse] チェックボックスをオンまたはオフにします。

Citrix ADC GUIを使用して所有者ノードの応答ステータスを編集するには

[システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、IP アドレスを選択し、[編集] をクリックして [ownerDownResponse] チェックボックスをオンまたはオフにします。