Citrix ADC

クラスタ上のジャンボプローブの検出

クラスタインターフェイスでジャンボフレームが有効になっている場合、バックプレーンインターフェイスは、ジャンボフレーム内のすべてのパケットをサポートするのに十分な大きさである必要があります。これは、バックプレーンの最大伝送ユニット(MTU)を次のように設定することによって実現されます。

バックプレーン MTU = 最大(すべてのクラスタインターフェイス MTU)+ 78

上記の設定を確認するには、クラスタ設定のすべてのピアノードに(上記の計算サイズの)ジャンボプローブを送信する必要があります。プローブが成功しなかった場合、アプライアンスは「show cluster instance」コマンドの出力に警告メッセージを表示します。

コマンドインターフェイスモードで、次のコマンドを入力します。

> クラスタインスタンスの表示
Cluster ID: 1
Dead Interval: 3 secs
Hello Interval: 200 msecs
Preemption: DISABLED
Propagation: ENABLED
Quorum Type: MAJORITY
INC State: DISABLED
Process Local: DISABLED
Cluster Status: ENABLED(admin),    ENABLED(operational), UP

警告

バックプレーンインターフェイスの MTU は、フレーム内のすべてのパケットを処理するのに十分な大きさである必要があります。これは<MTU\_VAL>と等しくなければなりません。推奨値がユーザ設定可能でない場合は、ジャンボインターフェイスの MTU 値を確認する必要があります。

Sl番号 メンバー・ノード 状況 管理者の状態 動作状態
1 ノード ID: 1; ノード IP: 10.102.53.167 UP アクティブ ACTIVE(構成コーディネータ)
2 ノードID:2、ノードIP:10.102.53.168 UP アクティブ アクティブ

クラスタ上のジャンボプローブの検出