Citrix ADC

ノードの正常なシャットダウン

クラスターセットアップでは、クラスターレベルまたは特定の仮想サーバーレベルでの既存の接続 (1/N 番目の接続、N はクラスターサイズ) の一部が失われます。この動作は、ノードがシステムから脱退または加入した場合に観察されます。損失に対処するには、既存の接続を正常に処理する必要があります。グレースフルハンドリングは、CLIPアドレスに「クラスタ上の接続を保持する」オプションを設定し、ノードのNSIPにタイムアウト間隔を指定することによって行われます。

接続の正常な処理は、次の 2 つのシナリオで適用できます。

  1. クラスタのアップグレード

  2. 新規ノードの追加

クラスタアップグレード時のノードの正常な処理

クラスタをアップグレードするには、ノードを 1 つずつアップグレードする必要があります。ノードをアップグレードする前に、ノードをパッシブ状態に設定し、アップグレード後にアクティブ状態に設定する必要があります。ノードのアップグレード時に既存の接続が終了しないようにするには、設定されたタイムアウト間隔で正常にシャットダウンします。それ以外の場合、クラスタの接続の 1/N (N はクラスタサイズ) が終了します。

既存のセッションが設定されたタイムアウト間隔内に完了しなかった場合、猶予時間の後に終了されます。

クラスタのアップグレードシナリオでノードを正常に処理する手順は次のとおりです。

  1. 5 つのノード (n0、n1、n2、n3、n4) のクラスタ設定について考えてみます。

  2. ノードをシャットダウンする前に、「RetainConnectionsNCluster」オプションを構成して、このノードの既存の接続をクラスタレベルまたは仮想サーバレベルで一定の時間間隔で保持する必要があります。

    CLIPの場合

    set cluster instance <clusterID> –retainConnectionsOnCluster YES

    または

    set lb vserver <vserver name> –retainConnectionsOnCluster Yes

  3. 次に、ノードn3のNSIPアドレスにログオンし、ノードn3を内部タイムアウトでPASSIVEに設定します。

    set cluster node n3 –state PASSIVE –delay 60

    saveconfig

  4. 猶予期間が終了したら、すべての接続を閉じてn3をシャットダウンし、Citrix ADCアプライアンスを再起動します。

  5. アプライアンスをアップグレードします。次に、CLI がアプライアンスの NSIP アドレスに接続され、ノードを ACTIVE に設定します。

    set cluster node n3 –state ACTIVE

    saveconfig

  6. クラスタ内のすべてのノードについて、手順 4 ~ 6 を繰り返します。

  7. すべてのノードをアップグレードして ACTIVE に設定したら、CLIP アドレスから retainConnectionsOnCluster オプションをリセットします。

    set cluster instance <clusterID> -retainConnectionsOnCluster NO

    または

    set lb vserver <vserver name> –retainConnectionsOnCluster NO

    saveconfig

クラスタのアップグレード時にバージョンの不一致がある場合、クラスタの伝播は自動的に無効になり、CLIP でコマンドは使用できません。

新規ノード追加時のノードの正常な処理

ノードの正常な処理は、新しいノードを既存のCitrix ADCクラスタに追加する方法を示しています。すでにトラフィックを処理しているCitrix ADCクラスタがあるとします。また、既存の接続を終了せずに、ノードとしてクラスタに追加のアプライアンスを追加したいと考えています。前述のシナリオを実行するには、グローバルレベルまたは特定の仮想サーバーレベルで既存の接続を保持するオプションを設定します。完了したら、設定を保存します。ここで、接続を NO に保持するオプションを設定し、他のノードからの既存の接続を新しいノードに再割り当てできるようにします。

ノードが新しく追加された場合、正常にノードを処理するための手順は次のとおりです。

  1. 「RetainConnectionsonCluster」オプションを有効にした既存の構成を保存すると、このノードのすべての既存の接続をクラスターレベルまたは仮想サーバーレベルで特定の時間間隔で保持できます。

    CLIPの場合

    set cluster instance x – retainConnectionsOnCluster YES
    

    または

    set lb vserver xxxx –retainConnectionsOnCluster Yes
    
  2. クラスタセットアップにノード ‘n5’ を追加します。

  3. 他のノードから新しく追加したノード n5 に既存の接続を分散するには、「retainConnectionOnCluster」オプションを「NO」に無効にします。

    CLIPの場合

    set cluster instance x – retainConnectionsOnCluster NO
    

    または

    set lb vserver xxxx –retainConnectionsOnCluster NO
    

バックプレーンステアリングは、クラスタセットアップのトラフィック分散メカニズムのタイプ (ECMP、CLAG、および USIP) によって異なります。バックプレーンステアリングの増加は、トラフィックタイプに基づきます。

クラスタ内のノードのグレースフルシャットダウンの構成

クラスタ内のノードのグレースフルシャットダウンを設定するには、次の手順を実行します。

  1. グローバル (クラスタ) レベルで「接続クラスタの保持」オプションを設定します。
  2. 仮想サーバー・レベルで「リテーナー接続クラスタ」オプションを設定します。
  3. ノードの NSIP アドレスで指定されたグレースフルタイムアウト間隔で、ノードをパッシブ状態に設定する(システムから離れる)。
  4. 既存の接続を監視して、すべてのトランザクションが猶予期間内に完了していることを確認します。

コマンドラインを使用してグローバル (クラスター) レベルで既存の接続を維持するには

既存の接続は、グローバルレベルまたは特定の仮想サーバーレベルで保持できます。このオプションは、既存のすべての接続をグローバルレベルで保持するように構成されています。デフォルトでは、このオプションは無効になっています。

コマンドプロンプトで次のように入力します。

-クラスターインスタンスの  設定 <clusterID> —接続保持クラスターはい

-  set cluster instance 60 – retainConnectionsOnCluster YES

コマンドラインを使用して、クラスター内の特定の仮想サーバーの既存の接続を保持するには

このオプションは、負荷分散仮想サーバーに固有の既存の接続を保持するように構成されています。これらの接続を維持するために、仮想サーバーレベルでこのオプションを有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっています。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-lb 仮想サーバーの  設定-<clusterID> 接続保持クラスタあり

-  set lb vserver v1 –retainConnectionsOnCluster Yes

コマンドラインを使用してクラスターノードをパッシブ状態に設定するには

グレースフルタイムアウト間隔で、クラスターノードをパッシブ状態に設定する。クラスタのアップグレード中に伝播が無効になるため、この設定はノードのNSIPで実行されます。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-クラスタノード<clusterID> の状態パッシブ  を設定する
-backplane <interface_name>@
-priority <positive_integer>
-delay <mins>

-  set cluster node 4 –state PASSIVE -delay 60

-  set cluster instance 60 – retainConnectionsOnCluster YES
-  set lb vserver v1 –retainConnectionsOnCluster Yes
-  set cluster node 4 –state PASSIVE -delay 60

CLIP から遅延オプションを設定してパッシブに設定されている場合、クラスターノードで次の動作が発生する可能性があります。

  • タイムアウト後、ノードはノードの NSIP からパッシブとして表示されます。
  • CLIP で show cluster instance コマンドを実行すると、CLIP からノードがアクティブとして表示されます。一方、CLIP の show cluster node コマンドでは、ノードはパッシブとして表示されます。

Citrix ADC GUIを使用してノードの正常なシャットダウンを構成するには

  1. [構成] > [システム] > [クラスタ] に移動し、[クラスタの管理] をクリックします
  2. [クラスターの管理] ページで、[クラスターの接続を保持] オプションを選択します。
  3. [OK]をクリックし、[完了] をクリックします。

ノードの正常なシャットダウン