Citrix ADC

サービスの正常なシャットダウン

NetScaler 12.1ビルド49.xx以降、Citrix ADCクラスターはサービスの正常なシャットダウンをサポートします。サービスを正常にシャットダウンするには、次のいずれかのタスクを実行します。

  • サービスを明示的に無効にし、

    • 遅延を秒単位で設定します。
    • グレースフルシャットダウンを有効にします。
  • TROFS コードまたは文字列をモニタに追加します。

詳しくは、「サービスの正常なシャットダウン」を参照してください。

CLI を使用してサービスのグレースフルシャットダウンを設定するには

グレースフルオプションでのみ無効にします。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

disable service <name> [-graceFul (YES|NO)]  

show service <name>

disable service svc1 -graceFul YES
Done
sh service svc1
                svc1 (10.102.225.11:80) - HTTP
                State: GOING OUT OF SERVICE   Graceful (number of active clients: 1)
                Last state change was at Wed Jul 25 10:46:29 2018
                Time since last state change: 0 days, 00:00:02.680
                ……….
                ……….
                Traffic Domain: 0

1)            Monitor Name: tcp-default
                                State: UP             Weight: 1             Passive: 0
                                Probes: 26           Failed [Total: 0 Current: 0]
                                Last response: Success - TCP syn+ack received.
                                Response Time: 0.0 millisec

タイムアウトとグレースフルオプションで無効にします。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

disable service <name> [<delay>] [-graceFul (YES|NO)]  

show service <name>  

disable service svc1 2000 -graceFul YES

Done
> sh service svc1
                svc1 (10.102.225.11:80) - HTTP
                State: GOING OUT OF SERVICE (Graceful (number of active clients: 1), Out Of Service in 1998 seconds)
                Last state change was at Wed Jul 25 10:49:08 2018
                Time since last state change: 0 days, 00:00:01.710
                ……….
                ……….
                Traffic Domain: 0

1)            Monitor Name: tcp-default
                                State: UP             Weight: 1             Passive: 0
                                Probes: 57           Failed [Total: 0 Current: 0]
                                Last response: Success - TCP syn+ack received.
                                Response Time: 0.0 millisec
Done

タイムアウトとグレースフルオプションを使用してサービスグループを無効にします。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

disable serviceGroup <serviceGroupName>@ [<serverName>@ <port>] [-delay
<secs>] [-graceFul ( YES | NO )]
Show service group <serviceGroupName>

例:

disable servicegroup sg -delay 2000 -graceFul yes
sh servicegroup sg
                sg - HTTP
                State: DISABLED                Effective State: OUT OF SERVICE Monitor Threshold : 0
                Max Conn: 0       Max Req: 0          Max Bandwidth: 0 kbits
                Use Source IP: NO
                Client Keepalive(CKA): NO
                ……….
                ………


                1)   200.200.10.21:80       Server Name: server3    Server ID: None Weight: 1
                                State:    GOING OUT OF SERVICE (learnt from node:2 )     Graceful (number of active clients: 6), Out Of Service in 1993 seconds
                                Last state change was at Mon Aug 13 15:15:11 2018
                                ………

                2)   200.200.10.22:80       Server Name: server4    Server ID: None Weight: 1
                                State:    GOING OUT OF SERVICE (learnt from node:2 )     Graceful (number of active clients: 7), Out Of Service in 1993 seconds
                                Last state change was at Mon Aug 13 15:15:11 2018

注:CLIPは、すべてのクラスタノードからのすべてのアクティブなクライアント接続の集約値を表示します。

GUI を使用してサービスのグレースフルシャットダウンを構成するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動します。
  2. サービスを開き、[操作] リストから [無効] をクリックします。待機時間を入力し、[Graceful] を選択します。

CLI を使用してモニターで TROFS コードまたは文字列を構成するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドのいずれかを入力します。

add lb monitor <monitor-name> HTTP -trofsCode <respcode>
add lb monitor <monitor-name> HTTP-ECV  -trofsString <resp string>
add lb monitor <monitor-name> TCP-ECV  -trofsString <resp string>

GUI を使用してモニターで TROFS コードまたは文字列を構成するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニター] に移動します。

  2. [モニター] ウィンドウで、[追加] をクリックし、次のいずれかの手順を実行します。

    • 「HTTP」としてタイプを選択し、「TROFS コード」を指定します。
    • 「タイプ」として「HTTP-ECV」または「TCP-ECV」を選択し、「TROFS 文字列」を指定します。