Citrix ADC

クラスタハートビートメッセージの管理

クラスターでのハートビートメッセージの管理は、高可用性 (HA) 構成での管理と似ています。ノードは、有効になっているすべてのインターフェイス上で、相互にハートビートメッセージを送受信できます。ハートビートメッセージによるトラフィックの増加を避けるために、ノードインターフェイスで heartbeat オプションを無効にできるようになりました。ただし、バックプレーンインターフェイスのハートビートオプションは、クラスタノード間の接続を維持するために必要であるため、無効にすることはできません。

ハートメッセージの管理の詳細については、「NetScaler アプライアンスでの高可用性ハートビートメッセージの管理」を参照してください。

Citrix ADC CLI を使用してノードインターフェイスでハートビートメッセージを管理するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set interface <ID> [-HAHeartBeat (ON | OFF)]
Show interface <ID>

クラスタハートビートメッセージの管理