Citrix ADC

クラスタの概要

Citrix ADCクラスタは、Citrix ADCアプライアンスをグループ化することによって形成されます。クラスタに追加するCitrix ADCアプライアンスのネットワーク上の場所に基づいて、次のクラスタ設定に注意する必要があります。

特に指定がない限り、クラスタの機能と設定は L2 クラスタと L3 クラスタで同じになります。

  • L2 クラスター: このクラスター展開では、すべてのクラスターノードが同じネットワークに属します。

    ローカライズされた画像

  • L3クラスタ(「INCモードのクラスタ」とも呼ばれます): このクラスタ展開では、クラスタノードは異なるネットワークに属することができます。特定のネットワークのクラスターノードは、そのネットワークのノードのみを含むノードグループにグループ化する必要があります。次の図から、ノードn1、n2、n3は同じネットワーク内にあり、Nodegroup1にグループ化されていることがわかります。

    同様に、ノードn4とn5の場合、ノードグループ2にグループ化されています。3 番目のネットワークには、2 つのノードグループがあります。ノードグループ3にはn6とn7が含まれており、ノードグループ4にはn8とn9が含まれています。

    NetScaler 11.0以降でサポートされています。

    ローカライズされた画像

クラスタの概要