クラスタリング

LACP を使用したクラスタ内のリンク冗長性

Citrix ADCクラスタは、LACPのリンク冗長性を提供し、すべてのノードが同じパートナーキーを持つようにします。

リンク冗長性の必要性を理解するために、次のクラスタ設定の例と付随するケース(ケース 3 に注意)を考えてみましょう。

ローカライズされた画像

この設定では、インターフェイス I1、I2、I3 および I4 が KEY 5 で LACP チャネルにバインドされます。パートナー側では、I1 と I2 がスイッチ 1 に接続され、KEY 1 で単一の LA チャネルが形成されます。同様に、I3 と I4 はスイッチ 2 に接続され、KEY 2 を持つ単一の LA チャネルを形成します。

次に、リンクの冗長性の必要性を理解するために、次のケースを検討してみましょう。

  • ケース 1:スイッチ 1 はアップで、スイッチ 2 はダウンしています。

    この場合、両方のノードのクラスタ LA は、Key2 からの LACPDU の受信を停止し、Key1 からの LACPDU の受信を開始します。両方のノードで、クラスタLAはKEY 1に接続され、I1とI2はUPになり、両方のノードのチャネルはUPになります。

  • ケース 2:スイッチ 1 がダウンし、スイッチ 2 が UP になる

    この場合、両方のノードのクラスタ LA は、Key1 からの LACPDU の受信を停止し、Key2 からの LACPDU の受信を開始します。両方のノードで、クラスタLAがKey2、I3に接続され、I4がUPされ、両方のノードのチャネルがUPになります。

  • ケース 3:スイッチ 1 とスイッチ 2 の両方が稼動している

    この場合、ノード 1 のクラスター LA がパートナーとして Key1 を選択し、ノード 2 のクラスター LA がパートナーとして Key2 を選択する可能性があります。これは、node1 の I1 と node2 の I4 が、望ましくないトラフィックを受信していることを意味します。これは、LACP ステートマシンがノードレベルであり、先着順でパートナーを選択するために発生する可能性があります。

    これらの問題を解決するために、ダイナミッククラスタ LA のリンク冗長性がサポートされています。チャネルまたはインターフェイスでリンク冗長性を設定するには、リンク冗長性を有効にし、オプションでしきい値のスループットを次のように指定する必要があります。

    set channel CLA/1 -linkRedundancy ON -lrMinThroughput <positive_integer>

    パートナーチャネルのスループットは、設定されたしきい値のスループットに対してチェックされます。スループットしきい値を満たすパートナーチャネルは、先入れ先出し(FIFO)方式で選択されます。しきい値を満たすパートナーチャネルがない場合、またはしきい値のスループットが設定されていない場合は、リンク数が最大であるパートナーチャネルが選択されます。

    しきい値のスループットは、NetScaler 11以降で構成できます。

LACP を使用したクラスタ内のリンク冗長性