Citrix ADC

LA チャネル上のバックプレーン

この配置では、LA チャネルがクラスタバックプレーンに使用されます。

ローカライズされた画像

  • NS0 - nodeId: 0, NSIP: 10.102.29.60

  • NS1 - nodeId: 1, NSIP: 10.102.29.70

  • NS2 - nodeId: 2, NSIP: 10.102.29.80

バックプレーンインターフェイスを LA チャネルとしてクラスタを展開するには

  1. ノードNS0、NS1、NS2のクラスタを作成します。

    1. クラスタに追加する最初のノードにログオンし、次の操作を行います。

      > create cluster instance 1
      > add cluster node 0 10.102.29.60 -state ACTIVE
      > enable cluster instance 1
      > add ns ip 10.102.29.61 255.255.255.255 -type CLIP
      > save ns config
      > reboot -warm
      
    2. クラスタの IP アドレスにログオンし、次の操作を行います。

      > add cluster node 1 10.102.29.70 -state ACTIVE
      > add cluster node 2 10.102.29.80 -state ACTIVE
      
    3. ノード 10.102.29.70 および 10.102.29.80 にログオンし、ノードをクラスタに参加させます。

      > join cluster -clip 10.102.29.61 -password nsroot
      > save ns config
      > reboot -warm
      

    上記のコマンドで示されているように、インターフェイス 0/1/1、1/1/1、および 2/1/1 は、3 つのクラスタノードのバックプレーンインターフェイスとして設定されています。

  2. クラスタの IP アドレスにログオンし、次の操作を行います。

    1. ノードNS0およびNS1のLAチャネルを作成します。

      > add channel 0/LA/1 -ifnum 0/1/1 0/1/2
      > add channel 1/LA/2 -ifnum 1/1/1 1/1/2
      
    2. クラスタノードのバックプレーンを設定します。

      > set cluster node 0 -backplane 0/LA/1
      > set cluster node 1 -backplane 1/LA/2
      > set cluster node 2 -backplane 2/1/1
      

LA チャネル上のバックプレーン